OS X Mavericks: 書類のテキストを置き換える

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
書類のテキストを置き換える

多くの OS X アプリケーションでは、テキストを別のテキストに置き換えたり、引用符、ハイフン、およびインターネットアドレスをそれぞれ体裁上適切な引用符、エムダッシュ、およびクリック可能なリンクに変換したりといった処理を自動的に行うことができます。

テキストの置換を使用する

特定のテキストを別のテキストまたは記号に自動的に置き換えます。たとえば、「(c)」を「©」に置き換えます。

テキストの置換を指定する:
「編集」>「自動置換」>「自動置換を表示」と選択し、「“テキスト”環境設定」をクリックします。「キーボード」環境設定の「テキスト」パネルで、「追加」(+)をクリックし、「置換前」列に置換対象のテキスト(「teh」など)を入力し、「置換後」列に置換内容(「the」など)を入力します。
アプリケーションでテキストの置換を常に使用するように設定する:
書類で、「編集」>「自動置換」と選択し、「テキストの置換」を選択します(入であることがチェックマークで示されます)。切にするには、このコマンドをもう一度選択します。
テキストの置換を既存のテキストに適用する:
書類の一部で使用するには、テキストを選択し、「編集」>「自動置換」>「自動置換を表示」と選択し、「テキストの置換」を選択して「選択範囲内で置き換える」をクリックします。書類全体でテキストの置換を使用するには、「すべて置き換え」をクリックします。

スマート引用符とダッシュを使用する

二重ハイフン(--)をエムダッシュ(—)に、まっすぐな引用符を体裁上適切な(「丸い」)引用符に自動的に置き換えます。

アプリケーションでスマート引用符とダッシュを常に使用するように設定する:
書類で、「編集」>「自動置換」と選択し、「スマート引用符」および「スマートダッシュ記号」を選択します(入であることがチェックマークで示されます)。切にするには、これらのコマンドをもう一度選択します。
スマート引用符およびダッシュを既存のテキストに適用する:
書類の一部で使用するには、テキストを選択し、「編集」>「自動置換」>「自動置換を表示」と選択し、「スマート引用符」および「スマートダッシュ記号」を選択して「選択範囲内で置き換える」をクリックします。書類全体で使用するには、「すべて置き換え」をクリックします。
スマート引用符のスタイルを選択する:
書類で、「編集」>「自動置換」>「自動置換を表示」と選択し、「スマート引用符」を選択して、ポップアップメニューからスタイルを選択します。

「キーボード」環境設定の「テキスト」パネルで、スマート引用符を使用するすべての OS X アプリケーションにおける、スマート引用符のデフォルトのスタイルを設定できます。

スマートリンクを使用する

URL などの文字列をクリック可能なリンクに自動的に変換します。たとえば「www.apple.com」は、その Web サイトが開くリンクに変換されます。また、「mailto:annejohnson1@me.com」は、Anne Johnson 宛のメールメッセージを作成するリンクに変換されます。

アプリケーションでスマートリンクを常に使用するように設定する:
書類で、「編集」>「自動置換」と選択し、「スマートリンク」を選択します(入であることがチェックマークで示されます)。切にするには、このコマンドをもう一度選択します。
スマートリンクを既存のテキストに適用する:
書類の一部で使用するには、テキストを選択し、「編集」>「自動置換」>「自動置換を表示」と選択し、「スマートリンク」を選択して「選択範囲内で置き換える」をクリックします。書類全体で使用するには、「すべて置き換え」をクリックします。
公開日: 2015/11/11
役に立ちましたか?