MainStage: Loopbackプラグインのアクションメニュー

Loopbackプラグインのアクションメニュー

アクションメニューは、波形ディスプレイの右上にあります。以下のメニュー項目があります:

  • Export Tape Loop: 書き出しダイアログが表示され、名前と保存先を指定してテープループをAIFFオーディオファイルとして保存できます。

  • Import Tape Loop: 読み込みダイアログが表示され、以前に書き出したテープループまたは短いオーディオファイルを選択して読み込むことができます。

  • Clear Tape Loop: Loopbackプラグインのテープループ全体を消去します。

  • Monitor: Loopbackプラグインのモニタリングモードを選択できます。「On」(常にモニタリングを有効)、「During Record」(録音中のみモニタリングを有効)、または「Off」(モニタリングを無効)があります。

    注記:ミキサーのルーティング構成によっては、Loopbackプラグインから音が聞こえないことがあります。このような場合にこのメニューコマンドを使います。

  • When Patch or Set is Selected: Loopbackプラグインインスタンスが含まれるパッチ(またはセット)を選択しているときに、次のいずれかの機能の実行を選択できます。「Do Nothing」(デフォルト)、「Clear」(テープループ全体を空にする)、「Start Playing」(現在の設定でプラグインの再生を開始)、「Start Recording」(現在のプラグイン設定で最初のテイクの録音を開始)、または「Clear and Start Recording」(既存のテープループを消去して、現在のプラグイン設定で最初のテイクの録音を開始)を実行できます。

  • On MainStage Clock Start: MainStageクロックの開始時に、次のいずれかの機能の実行を選択できます。「Do Nothing」(デフォルト)、「Clear」(テープループ全体を空にする)、「Start Playing」(現在の設定でプラグインの再生を開始)、「Start Recording」(現在のプラグイン設定でテープループの録音を開始)、または「Clear and Start Recording」(既存のテープループを消去して、現在のプラグイン設定で新しいテープループの録音を開始)を実行できます。

  • Set Concert Tempo After First Take: この項目が選択されていて同期がオフの状態で録音をクリックすると、テープループの録音が開始されますが、MainStageクロックは開始しません(クロックが停止している場合)。録音をもう一度クリックすると(または再生をクリックすると)、録音が停止し、テープループは再生を続けます。録音されたテイクの継続時間に基づき長さとテンポが設定され、MainStageクロックが開始します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?