MainStage: Loopbackプラグインの情報ディスプレイ

Loopbackプラグインの情報ディスプレイ

情報ディスプレイには、テープループ内のオーディオ素材に関するいくつかの基本情報が表示されます。一部の情報については、表示されている値を編集できます。

図。情報ディスプレイ。

情報ディスプレイのパラメータ

  • 「POSITION」フィールド: 現在の再生ヘッド位置が表示されます。

  • 「LENGTH」フィールド: ループの長さが表示されます。

    同期がオフの場合は、最初のテイクが分析され、コンサートのテンポを基準としてテンポと長さが決定されます。長さが設定された後は、テープループを消去しない限り、変更はできません。

    同期がオンの場合は、最初のテイクを録音する前に長さを設定できます(情報ディスプレイで設定するか、スクリーンコントロールを使います)。あらかじめ長さを設定しない場合は、最初のテイクが分析され、コンサートのテンポを基準として長さが設定されます(最後が1小節に満たない場合は次の小節まで延長されます)。

  • ポジションダイヤル: ループ全体の長さを1周として現在の再生位置が示されます。

  • 「METER」フィールド: オーディオ素材の拍子が表示されます。 拍数と音価を別々に変更できます。変更した場合、ルーラの表示が変わり、「LENGTH」フィールドの表示も変わることがありますが、オーディオの再生には影響しません。長さが設定された後は、テープループを消去しない限り、変更はできません。

  • 「TEMPO」フィールド: テンポが拍/分(BPM)単位で表示されます。 最初のテイクを録音した後はテンポがロックされ、変更できなくなります。

  • 「FADE TIME」フィールド: フェードアウトタイムが秒単位で表示されます。 値を調整するときは、上下にドラッグします。Loopbackプラグインのトランスポートコントロールと機能コントロールを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?