MainStage: PlaybackプラグインのFlexモードを選択する

PlaybackプラグインのFlexモードを選択する

テンポ情報を含むオーディオファイルでは、オーディオ再生用のFlexモードを選択できます。各Flexモードは、特定のタイプのオーディオファイル再生用に最適化されています。追加したオーディオファイルをPlaybackプラグインのインスタンスで再生する際にどのFlexモードを使うかを選択できます。以下のFlexモードがあります:

  • Slicer: オーディオ素材をトランジェントマーカーでスライスし、各スライスをオリジナルの速度で再生します。Slicingは、一般的な用途、特にリズミカルな素材に適しています。

  • Rhythmic: Apple Loopsに使われるタイムストレッチアルゴリズムを使用します。Rhythmicは、モノフォニックでない素材、たとえばリズムギター、キーボードのリズムパート、Apple Loopsなどに最適です。

  • Speed: ソース素材の速度を変えることによって素材をタイムストレッチします。ピッチも変更されます。Speedは、打楽器系の素材に最適です。

  • Polyphonic: フェイズボコーダーを使って素材をタイムストレッチします。ポリフォニックな素材に適した高品質の音響を提供します。Polyphonicは、複雑なポリフォニック素材に最適です。ギター、ピアノ、合唱など、あらゆる種類のコード、および複雑なミックスに適しています。

オーディオ素材によって各Flexモードの適用結果は異なるので、Playbackプラグインのインスタンスごとに各種のFlexモードを試して、使用するオーディオファイルに最適なモードを選ぶことをお勧めします。

PlaybackプラグインのFlexモードを選択する

  • プラグインウインドウの右上隅にあるアクションメニューから「Flex Mode」を選択して、サブメニューからFlexモードを選択します。

注記:テンポ情報を含まないオーディオファイルの場合は、「Flex Mode」メニュー項目は利用できません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?