MainStage: Playbackプラグインの同期モードを設定する

Playbackプラグインの同期モードを設定する

Playbackプラグインにオーディオファイルを追加すると、「MainStage」によってファイルのテンポ情報が確認されます。テンポ情報を含むオーディオファイル(Apple Loops、「Logic Pro」から書き出したファイルなど)では、ファイルがスキャンされて、トランジェント(オーディオエネルギーのピーク部分で、通常は拍子で発生します)が検出されます。トランジェント情報はオーディオファイルに保存され、異なるテンポやピッチで再生されたときでも最高の音質でファイルを再生するために使われます。このようなオーディオファイルでは、同期機能を使って、オーディオファイルをその録音時のテンポで再生するか、またはコンサートの現在のテンポに合わせて再生するかを選択できます。同期を「Off」に設定すると、オーディオファイルはその録音時のテンポで再生され、コンサートの現在のテンポは無視されます。この設定は、ピッチのないサウンドやサウンドエフェクトがオーディオファイルに含まれている場合などにお勧めします。同期を「On」に設定すると、オーディオファイルは現在のテンポ(パッチ、セット、またはコンサートに設定され、テンポのタップまたはMIDIビートクロックによって変更されるテンポ)で再生されます。この設定にすることで、たとえばバッキングトラック間やバッキングトラックと演奏の間でテンポを合わせることも簡単にできます。同期を「On」に設定すると、音質に影響します。

Playbackプラグインのインスタンスの同期モードは、プラグインウインドウの左下隅にある「SYNC」ポップアップメニューで設定します。

注記:テンポ情報を含まないオーディオファイルの場合は、同期が「Off」に設定され、「SYNC」ポップアップメニューは利用できなくなります。

Playbackプラグインの同期モードを設定する

  • オーディオファイルをオリジナルのテンポで再生するには: 「SYNC」ポップアップメニューから「Off」を選択します。

  • オーディオファイルをコンサートの現在のテンポで再生するには: 「SYNC」ポップアップメニューから「On」を選択します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?