MainStage: Playbackプラグインを追加する

Playbackプラグインを追加する

Playbackプラグインは音源プラグインなので、ソフトウェア音源チャンネルストリップでのみ利用できます。Playbackプラグインを使用するには、ソフトウェア音源チャンネルストリップにプラグインを追加してから、再生するオーディオファイルを選択します。パッチ、セットレベル、またはコンサートレベルのチャンネルストリップにPlaybackプラグインを追加できます。

Playbackプラグインのインスタンスをどこに追加するかは、その用途によって異なります。特定のパッチの演奏中にオーディオファイルを再生したい場合は、パッチに追加します。Playbackプラグインをセットレベルで追加した場合は、セット内のどのパッチを選択してもオーディオファイルの再生を続けることができます。たとえば、特定の曲に使うすべてのパッチが1つのセットに含まれている場合に、Playbackプラグインを使って曲のバッキングトラックを収録したオーディオファイルを再生するといった使いかたができます。Playbackプラグインをコンサートレベルで追加した場合は、コンサート内のどのパッチを選択してもオーディオファイルの再生を続けることができます。プラグインは好きなレベルで使用できるので、アイデアしだいで多彩な使いかたができます。

プラグインの各インスタンスでは1つのオーディオファイルを再生できます。AIFF、WAVE、CAFなど、幅広いフォーマットのオーディオファイルを使用できます。「Logic Pro」から書き出した(バウンスした)ファイルや、Apple Loopsなど、マーカー情報を含むファイルではオーディオファイル内のさまざまなタイムポジションに設定されたマーカーに再生を切り替えることもできます。

Playbackプラグインを追加する方法は2つあります。  「チャンネルストリップ」領域にオーディオファイルをドラッグする方法と、チャンネルストリップの音源スロットから追加する方法です。「チャンネルストリップ」領域にオーディオファイルをドラッグして複数のPlaybackプラグインを追加すると、新しく追加されたプラグインはすべて同じグループに割り当てられます。

オーディオファイルをドラッグしてPlaybackプラグインを追加する

  1. 「パッチリスト」で、Playbackプラグインを追加するパッチを選択します。セットまたはコンサートのアイコンを選択することもできます。

  2. Finderから「チャンネルストリップ」領域のチャンネルストリップ間にオーディオファイルをドラッグします。

    チャンネルストリップ間に黒い線が表示され、ポインタがファイル追加ポインタに変わって、新しいチャンネルストリップが作成されることが示されます。新しいチャンネルストリップにはPlaybackプラグインが挿入されていて、「チャンネルストリップ」領域にドラッグしたオーディオファイルが読み込まれています。

音源スロットからPlaybackプラグインを追加する

  1. チャンネルストリップ追加ボタンをクリックして、パッチ、セット、またはコンサートに新しいチャンネルストリップを追加します。

  2. 新しいチャンネルストリップの「チャンネルストリップ」ダイアログで、タイプとして「ソフトウェア音源」を選択します。その他の設定はデフォルトのままにするか、必要に合わせて変更します。

    「チャンネルストリップ」領域に新しいソフトウェア音源チャンネルストリップが表示されます。

  3. チャンネルストリップの「I/O」セクションで、音源スロットをクリックし、メニューから「Playback」を選択してから、サブメニューで「モノラル」または「ステレオ」を選択します。

    チャンネルストリップにPlaybackプラグインが追加され、MainStageウインドウ上にプラグインウインドウが表示されます。

    図。Playbackプラグインウインドウ。
公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?