MainStage: Playbackプラグインのアクションメニューとファイルフィールドを使用する

Playbackプラグインのアクションメニューとファイルフィールドを使用する

アクションメニューは、波形ディスプレイの右上にあります。以下のメニュー項目があります:

  • Open File: ダイアログが開き、Playbackプラグインに読み込むファイルをプレビューおよび選択できます。

  • Remove File: Playbackプラグインに現在読み込まれているファイルを取り除きます。

  • Flex Mode: テンポ情報が含まれるオーディオファイルで、以下のタイムストレッチモードのいずれかを選択できます:

    • Slicer: 一般的な用途、特にドラムパートなどリズミカルな素材に適しています。オーディオ素材がトランジェントマーカーで分割されます。各スライスはオリジナルの速度で再生されます。

    • Rhythmic: リズムギターやキーボードのリズムパートなど、リズミカルなポリフォニックオーディオ素材に最適です。

    • Speed: コンサートのテンポとオーディオファイルの録音テンポが同じ(または近い)場合に適しています。テープレコーダーの速度を上げ下げしたときのような効果を出しながら、タイムストレッチのアーチファクトを抑えます。

    • Polyphonic: 複雑なポリフォニックオーディオ素材に最適です。ギター、ピアノ、または合唱パートや、全体的なミックスに適しています。

  • Start on Patch/Set Change: Playbackプラグインインスタンスが含まれるパッチ(またはセット)の選択時に、再生を開始します。

  • Start with Play Action: MainStageのクロック開始時に、Playbackプラグインの再生を開始します。「Start with Play Action」は、「PLAY FROM」の現在の設定に従います。つまり、「PLAY FROM」設定で指定されたイベントが次に発生した時点で再生が開始されます。

「FILE」フィールドは、アクションメニューの左側にあります。ここには、現在読み込まれているオーディオファイルの名前が表示されます。オーディオファイルはいくつかの方法で読み込むことができます。

オーディオファイルを読み込む

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「FILE」フィールドをクリックしてファイル選択ダイアログを表示し、読み込みたいファイルを選択します。

  • アクションメニューから「Open File」を選択してファイル選択ダイアログを表示し、読み込みたいファイルを選択します。

  • 「FILE」フィールドにオーディオファイルをドラッグします。

  • 波形ディスプレイにオーディオファイルをドラッグします。

  • Playbackプラグインを挿入した音源スロットにオーディオファイルをドラッグします。

  • 2つのチャンネルストリップ間にオーディオファイルをドラッグします。これにより、新しいチャンネルストリップが作成され、Playbackプラグインが挿入された状態になります。このPlaybackプラグインのインスタンスに、ドラッグしたオーディオファイルが自動的に読み込まれます。チャンネルストリップ間に複数のファイルをドラッグして、ファイルごとに新しいチャンネルストリップを作成することもできます。

    注記:最初の2つの方法を使う場合は、Playbackプラグインのインスタンスにファイルを追加する前にダイアログでプレビューできます。ダイアログで選択したオーディオファイルをプレビューするには、「再生」をクリックします。再生を停止するときは、ダイアログの「停止」ボタンをクリックします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?