MainStage: Playbackプラグインのインターフェイス

Playbackプラグインのインターフェイス

Playbackプラグインのインターフェイスは、テープ再生装置に似ています。このセクションでは、Playbackプラグインウインドウに含まれる各領域について説明します。

図。Playbackウインドウ。
  • 波形ディスプレイ: 波形ディスプレイには、現在読み込まれているオーディオファイルの波形、現在の再生位置、およびルーラが表示されます。を参照してください。

  • トランスポートボタンと機能ボタン: 波形ディスプレイの下にある銀色のバーの、情報ディスプレイの左右には、トランスポートボタンと機能ボタンがあります。Playbackプラグインのトランスポートボタンと機能ボタンを参照してください。

  • 情報ディスプレイ: 情報ディスプレイには、現在の再生位置、およびオーディオファイルの長さ、拍子、テンポ、フェードタイム、ピッチが表示されます。Playbackプラグインの情報ディスプレイを参照してください。

  • 「SYNC」、「SNAP TO」、「PLAY FROM」ポップアップメニュー: Playbackプラグインウインドウの下部にあるバーには、再生動作を設定するためのコントロールとして、「SYNC」、「SNAP TO」、「PLAY FROM」、「GROUP」ポップアップメニューがあります。Playbackプラグインの同期、スナップ、および再生開始位置のパラメータを参照してください。

  • アクション・ポップアップ・メニューと「FILE」フィールド: アクションメニュー(歯車のアイコン)には、オーディオファイルを追加したり、Flexモードを選択したり、その他の操作を行うためのオプションが表示されます。Playbackプラグインのアクションメニューとファイルフィールドを使用するを参照してください。「FILE」フィールドには、現在読み込まれているオーディオファイルの名前が表示されます。

  • 「GROUP」ポップアップメニュー:Playbackプラグインのインスタンスを複数使う場合は、このメニューで各プラグインにグループ番号を割り当てて、どのインスタンスを同時に再生し、どのインスタンスを個別に動作させるかを制御できます。Playbackプラグインのグループ機能を使用するを参照してください。

  • ショートカットメニュー: マーカーを追加、編集、および削除できます。波形ディスプレイをControlキーを押しながらクリック(または右クリック)することで表示されます。Playbackプラグインでマーカーを使用するを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?