MainStage: メトロノームを制御する

メトロノームを制御する

MainStageのメトロノームを使って、コンサートのテンポに合わせて演奏することができます。メトロノームは常に現在のコンサートのテンポでビートを刻みます。

メトロノームで小節、拍、グループ、ディビジョンごとに異なるノートが鳴るように設定できます。また、メトロノームに使用する別のサウンドを選択したり、メトロノームサウンドのオーディオ出力を変更したり、メトロノームサウンドの音量を全体のオーディオ出力に合わせて変更したりすることもできます。

メトロノームを開始する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ツールバーの「メトロノーム」ボタンをクリックします。

  • 「メトロノーム」アクションにマップしたボタンをクリックする。

  • Playbackプラグインを使う場合は、Playbackプラグインウインドウの「メトロノーム」ボタンをクリックする(または「メトロノーム」ボタンにマップしたボタンをクリックする)。

    メトロノームを停止するには、リストにあるいずれかのボタンをもう一度クリックします。

注記:メトロノームを開始すると、MainStageクロックも開始します(クロックがまだ動作していない場合)。

コンサートレベルで「メトロノーム」アクション(「アクション」フォルダにあります)にボタンまたはその他のスクリーンコントロールをマップし、そのコントロールを使ってメトロノームを開始/停止することもできます。

Touch Bar付きのMacの場合は、Touch Bar上の「メトロノーム」ボタンを押して、メトロノームを開始することもできます。

デフォルトでは、メトロノームサウンドは、メイン出力にルーティングされます(「Out 1-2」)。メトロノームを別の出力ペアにルーティングすることもできます。これは、メイン出力ではなく、別のオーディオ出力(ヘッドフォンミックスなど)からメトロノームサウンドを聴きたいときに便利です。

メトロノームサウンドの出力を変更する

  1. チャンネルストリップのアクション・ポップアップ・メニューから、「メトロノームチャンネルストリップを表示」を選択します。

  2. 「メトロノーム」チャンネルストリップの「出力」ポップアップメニューから別の出力を選択します。

メトロノームサウンドを変更する

  1. チャンネルストリップのアクション・ポップアップ・メニューから、「メトロノームチャンネルストリップを表示」を選択します。

  2. メトロノームチャンネルストリップの「音源」メニューからKlopfgeistプラグインを開きます。

  3. 別のメトロノームサウンドを選択します。

複数のメトロノームサウンドを同時に鳴らす

  1. 「コンサート設定インスペクタ」で「メトロノーム」タブをクリックします。

  2. 「ポリフォニック・クリック」チェックボックスを選択します。

  3. 「小節」、「拍」、「グループ」、「ディビジョン」の各チェックボックスのうち1つ以上を選択します。

    複数のノートが小節、拍、グループ、およびディビジョンに定義されているものとして送信されます。同じ音楽的ディビジョンで複数の項目を同時に選択した場合は、定義したノートが同時に鳴ります。たとえば、「小節」、「拍」、「ディビジョン」を選択すると、各小節の最初に3つのノートが同時に鳴ります。

メトロノームのノートとベロシティ設定を変更する

  1. 「コンサート設定インスペクタ」で「メトロノーム」タブをクリックします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 小節、拍、グループ、またはディビジョンのノート値を変更するには、値を上下にドラッグします。

    • 小節、拍、グループ、またはディビジョンのベロシティ値を変更するには、値を上下にドラッグします。

メトロノームのプラグインウインドウを開く

  • 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「コンサート設定インスペクタ」の「メトロノーム」タブで、「メトロノーム」ボタンをクリックします。

    • 「チャンネルストリップ」領域で「メトロノーム」チャンネルストリップを選択して、Klopfgeist音源をクリックします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?