MainStage: コンサートレベルでチャンネルストリップを追加する

コンサートレベルでチャンネルストリップを追加する

コンサートレベルでチャンネルストリップを追加し、コンサート内の各パッチで使用するソフトウェア音源やオーディオ入力用にコンサートレベルのチャンネルストリップを使用できます。

重要:コンサートレベルで追加したチャンネルストリップは、コンサート内のパッチおよびセットのチャンネルストリップよりも優先されます。たとえば、ソフトウェア音源が割り当てられたコンサートレベルのチャンネルストリップを追加した場合、キー範囲内のノートは、コンサート内のパッチやセットのソフトウェア音源よりもそのソフトウェア音源が優先されます。つまり、コンサートレベルのソフトウェア音源のサウンドのみが聞こえ、同じキー範囲内にあるパッチまたはセットのソフトウェア音源は演奏できません。

コンサートレベルのチャンネルストリップを追加する

  1. 「パッチリスト」でコンサートアイコンを選択します。

  2. 「チャンネルストリップ」領域の上部にあるチャンネルストリップ追加(+)ボタンをクリックします。

  3. 「新規チャンネルストリップ」ダイアログで、作成するチャンネルストリップのタイプを選択します。

  4. 「出力」ポップアップメニューから、チャンネルストリップのオーディオ出力を選択します。

  5. オーディオチャンネルストリップの場合、「フォーマット」ポップアップメニューからモノラルかステレオかを選択します。

    重要:特にオーディオ出力にマイクを使っている場合、オーディオ・チャンネル・ストリップでフィードバックが発生する可能性があります。オーディオ・チャンネル・ストリップを追加するときは、チャンネルストリップの音量が0 dBに設定されます。そのチャンネルのサウンドが聞こえるまで、チャンネルストリップの音量フェーダーを少しずつ上げてください。「MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」で、「フィードバック保護」をオンにすることもできます。

  6. 「作成」をクリックします。

  7. ソフトウェア音源のチャンネルストリップの場合、「チャンネル・ストリップ・インスペクタ」でチャンネルストリップのキー範囲を定義して、コンサートレベルのチャンネルストリップが、パッチやセットで使用するソフトウェア音源と重ならないように設定できます。

    チャンネルストリップのキー範囲を定義する方法については、レイヤーとスプリットの概要を参照してください。

    コンサートレベルでチャンネルストリップを追加する際、スクリーンコントロールは、コンサートレベルでのみチャンネルストリップにマップできます。個々のパッチやセットのレベルではマップできません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?