MainStage: コンサート全体のエフェクトを追加する

コンサート全体のエフェクトを追加する

オグジュアリー(Aux)チャンネルを使って、コンサート全体のエフェクト(リバーブやディレイなど)を追加できます。チャンネルストリップのセンドスロットでバスを選択すると、対応するAuxがコンサートレベルで表示されます。Auxにエフェクトを挿入すると、信号をAuxに送っているチャンネルストリップにそのエフェクトを適用できます。

チャンネルストリップの信号をAuxに送る

  1. 「パッチリスト」で、コンサート全体のエフェクトをかけるパッチを選択します。

  2. チャンネルストリップで、いずれかのセンドスロットをクリックし、ポップアップメニューからバスを選択します。

    図。チャンネルストリップのセンドスロットからバスを選択する。
  3. スロットの横のセンドノブをドラッグし、Auxに送る信号の量を設定します。

コンサート全体のエフェクトをAuxに追加する

  1. 「パッチリスト」でコンサートアイコンをクリックします。

    コンサートのAuxが、コンサートレベルのチャンネルストリップと共に「チャンネルストリップ」領域に表示されます。

  2. Auxで、いずれかのインサートスロットをクリックし、ポップアップメニューからエフェクトを選択します。

エフェクトをAuxに追加した後は、チャンネルストリップのエフェクトと同じように編集できます。エフェクトをクリックしてプラグインウインドウを開き、そこでパラメータを調整します。複数のエフェクトをAuxに追加し、Auxのチャンネル・ストリップ・コントロールを使用してAuxのレベルとパンを調整できます。

「シグナル・フロー・チャンネル・ストリップを表示」がオンの場合、コンサート全体のエフェクトをパッチレベルでAuxに追加することもできます。「チャンネルストリップ」領域にシグナル・フロー・チャンネル・ストリップを表示する方法については、シグナル・フロー・チャンネル・ストリップを表示するを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?