MainStage: コンサート全体の音量を制御する

コンサート全体の音量を制御する

MainStageコンサートには、出力チャンネルストリップとマスター・チャンネル・ストリップが含まれ、これによりコンサート全体の音量を制御できます。マスター・チャンネル・ストリップでは、常にコンサート全体の出力音量を制御します。コンサートに複数の出力チャンネルストリップがある場合、各出力チャンネルストリップにより、特定の(モノラルまたはステレオの)フィジカル出力の音量を制御します。出力チャンネルストリップおよびマスター・チャンネル・ストリップを使用すると、コンサート全体の音量を制御できます。

すべてのチャンネルストリップを表示するために、場合によっては「チャンネルストリップ」領域のサイズを変更する必要があります。

図。コンサートレベルのチャンネルストリップ。

コンサートレベルのチャンネル・ストリップ・パラメータまたはアクションにスクリーンコントロールをマップできます。たとえば、「Output 1-2」の音量フェーダーをスクリーンコントロールのフェーダーにマップすると、そのコントロールにアサインされたハードウェアコントロールでコンサート全体の音量を調整できます。

コンサート全体の音量レベルを制御する

  • 「Out 1-2」の音量フェーダーまたはマスター音量フェーダーをドラッグします。

コンサートレベルでスクリーンコントロールをマップする

  1. 「パッチリスト」でコンサートアイコンが選択されていることを確認します。

  2. マップするスクリーンコントロールをクリックします。

  3. 「パラメータマッピング」ブラウザで、スクリーンコントロールをマップするパラメータをクリックします。

    上記の例では、フェーダーのスクリーンコントロールをクリックし、「パラメータマッピング」ブラウザの左カラムにある「Out 1-2」をクリックしてから、ブラウザの2番目のカラムにある「音量」をクリックします。

    スクリーンコントロールでは、音量などのパラメータ値の変化を視覚的に表示することもできます。たとえば、「Out 1-2」の音量フェーダーをレベルメーターのスクリーンコントロールにマップし、レベルメーターで全体の音量をライブ演奏時に表示することができます。この場合、ブラウザの2番目のカラムで、「音量」ではなく「レベル」にレベルメーターをマップします。

コンサートレベルでスクリーンコントロールをマップする際、コンサートレベルのマッピングを上書きする場合を除き、パッチレベルまたはセットレベルで同じスクリーンコントロールをマップすることはできません。コンサートレベルのマッピングの上書きについては、コンサートレベルおよびセットレベルのマッピングを上書きするを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?