MainStage: ハードウェアの動作をスクリーンコントロールにどのように合わせるかを設定する

ハードウェアの動作をスクリーンコントロールにどのように合わせるかを設定する

ハードウェアシンセサイザーやミュージックワークステーションによっては、フィジカルコントロールを動かしたときにその設定値がアサイン先パラメータの値と異なる場合、どのようにするかを制御することができます。パラメータ値をフィジカルコントロールの位置にすぐに変更したり(ジャンプ)、同じ量だけ変更したり(相対)、フィジカルコントロールがパラメータの現在値に一致するまで変更しないようにしたり(スナップ)できます。

「MainStage」のスクリーンコントロールにアサインされたフィジカルコントロールを動かしたときに、スクリーンコントロールがどのように動作するかをこれらのいずれかの動作に設定できます。

ハードウェアコントロールを動かしたときのスクリーンコントロールの動作を設定する

  1. パッチを選択します。

  2. ハードウェアの動作を一致させたいスクリーンコントロールを選択します。

  3. 「スクリーン・コントロール・インスペクタ」の「属性」タブで、「ハードウェア動作時の反応」ポップアップメニューからスクリーンコントロールのパラメータ変更時動作を選択します:

    • 「MainStage」環境設定に設定されているデフォルト動作を使用するには: 「環境設定」を選択します。

    • ハードウェア値に一致するようにスクリーンコントロールをすぐに変更するには: 「ジャンプ」を選択します。

    • ハードウェアコントロールがスクリーンコントロールの現在値に一致したときにスクリーンコントロールを変更するには: 「ピックアップ」を選択します。

    • ハードウェアコントロールに相対的にスクリーンコントロールを動かすには: 「相対」を選択します。

    注記:メニューから項目を選択すると、その機能の簡単な説明がポップアップメニューの下に表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?