MainStage: アサインメントとマッピングの概要

アサインメントとマッピングの概要

「アサインメントとマッピング」テーブルでは、選択したパッチ、セット、またはコンサートのアサインとマッピングを表示して編集することができます。また、「編集」モードのままアサインとマッピングの作成や編集ができます。

「アサインメントとマッピング」テーブルには、選択した項目の以下の情報が表示されます:

  • 「アサインメント」列: パッチ、セット、またはコンサート内のアサインがデバイスとMIDIチャンネルごとに一覧表示されます。

  • 「スクリーンコントロール」列: 各ハードウェアコントロールがアサインされているスクリーンコントロールが表示されます。

  • 「マッピング」列: 各コントロールのマッピングが「スクリーン・コントロール・インスペクタ」での順番通りに表示されます。

「アサインメントとマッピング」タブ

ハードウェアコントロールがアサインされているかどうかをすばやく確認したり、アサインされているハードウェアコントロールのマップ先パラメータやアクションを表示したりすることができます。ハードウェアコントロールを操作すると、アサインとマッピングを表す列に黄色の点が表示されます。

「アサインメントとマッピング」タブにはアクション・ポップアップ・メニューもあり、MIDI入力を受け取ったときにアサインを作成したりマッピング列を選択したりするための項目が用意されています。

「アサインメントとマッピング」テーブルを表示する

  • ワークスペース上部の「アサインメントとマッピング」タブをクリックします(またはShift+Command+Mキーを押します)。

    ウインドウ上部の「ワークスペース」タブをクリックすると(またはShift+Command+Wキーを押すと)、ワークスペースに戻ります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?