MainStage: パッチ内のすべてのチャンネルストリップにスクリーンコントロールをマップする

パッチ内のすべてのチャンネルストリップにスクリーンコントロールをマップする

チャンネルストリップの音量やパンなどのパラメータにスクリーンコントロールをマップすると、パッチ内のすべてのチャンネルストリップに同じパラメータを割り当てて制御できます。異なるレイヤーが複数のキーボードで演奏されるケースも含め、レイヤー設定したサウンド全体の音量を制御する場合、この操作は特に便利です。

パッチ内のすべてのチャンネルストリップにスクリーンコントロールをマップする

  1. 音量やパンなど、共通のスクリーン・コントロール・パラメータにスクリーンコントロールをマップします。

  2. 「パラメータマッピング」ブラウザの左のカラムで、「すべてに送信」フォルダを選択します。

  3. 2番目のカラムからマップ先を選択します。

  4. 3番目のカラムからスクリーンコントロールのマップ先パラメータを選択します。

マップ先フォルダから、ソフトウェア音源チャンネルストリップをトランスポーズするアクション、チャンネル・ストリップ・パラメータ、およびMIDIコントロール・メッセージ・タイプにマップできます。パッチ内のすべてのチャンネルストリップにマップした場合は、そのスクリーンコントロールを動かすと、パッチ内のすべてのチャンネルストリップのマップ先パラメータが同じ値に変化します。

注記:「すべてに送信」を使ってドラムマップをマップすると、「すべてに送信」フォルダにコントローラではなくMIDIノートが表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?