MainStage: スクリーンコントロールをアクションにマップする

スクリーンコントロールをアクションにマップする

スクリーンコントロールは、チャンネルストリップやプラグインのパラメータだけでなく、「MainStage」のアクションにもマッピングできます。これによって、パッチやセットを選択したり、MIDIノートを無音にしたり、チューナーやメトロノームを制御したり、新しいテンポをタップしたり、パッチやMIDIメッセージなどの情報を表示したりなど、スクリーンコントロールを使用するさまざまな機能を行うことができます。

アクション一覧、その説明、および使用対象については、アクションの概要を参照してください。

「アクション」フォルダは、「パラメータマッピング」ブラウザに使用可能なパラメータと共に表示され、パッチやセットの選択、チューナーの表示、タップテンポの有効化、マスターミュート、パニックなどの機能が格納されています。「アクション」フォルダには、便利なスクリプトを格納するAppleScriptサブフォルダもあります。

別のパッチを選択するアクションをボタンのスクリーンコントロールにマップすると、MIDIデバイス上の実際のボタンを使って、演奏時にパッチを選択できます。別のセットを選択するアクションやコンサートを選択するアクションをボタンにマップすることもできます。ボタンの割り当てについては、ボタンのアサインメントを参照してください。

スクリーンコントロールをアクションにマップする

  1. ワークスペースで、マップするスクリーンコントロールをクリックします。

    選択したスクリーンコントロールの設定を示す「スクリーン・コントロール・インスペクタ」がワークスペースの下に表示されます。スクリーンコントロールが現在マップされている場合は、「一般」および「マッピング」タブのほかに、マッピングの名前が付いたタブが表示されます。コントロールがマッピングされていない場合は、タブには「マッピングなし」と表示されます。

  2. 「マッピングなし」(またはマッピングの名前)タブをクリックします。

    ワークスペースの下に「パラメータマッピング」ブラウザが表示されます。「パラメータマッピング」ブラウザに「アクション」フォルダが表示されます。

  3. 「パラメータマッピング」ブラウザの左のカラムで、「アクション」フォルダをクリックします。

    利用可能なアクションが、ブラウザの2番目のカラムに表示されます。

    図。スクリーンコントロールを「アクション」フォルダのアクションにマップする。
  4. マップするアクションを選択します。

注記:ノブ・スクリーン・コントロールをアクションにマップしてパッチ(「- 10パッチ」、「前のパッチ」、「次のパッチ」、「+10パッチ」など)を選択した場合は、「スクリーン・コントロール・インスペクタ」の「ハードウェア動作時の反応」パラメータの設定には関係なく、スクリーンコントロールはハードウェアコントロールの値にジャンプします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?