MainStage: スクリーンコントロールをチャンネルストリップおよびプラグインのパラメータにマップする

スクリーンコントロールをチャンネルストリップおよびプラグインのパラメータにマップする

コントローラアサインメントを行った後に、演奏中に制御したいパッチ内のパラメータにスクリーンコントロールをマップできます。コンサート内の各パッチのパラメータにスクリーンコントロールをマップすることをお勧めします。それにより、ライブ演奏中に、各パッチの必要なパラメータをすぐに見つけて変更できるようになります。マスター音量を制御したり、マスターレベルを表示したり、コンサート全体のエフェクトを変更したりするためのパラメータをコンサートレベルでマップすることもできます。

スクリーンコントロールをチャンネルストリップやプラグインのパラメータにマップするには2つの方法があります。  チャンネルストリップ上またはプラグインウインドウ内でスクリーンコントロールをパラメータにマップする方法と、「パラメータマッピング」ブラウザを使用する方法です。

「編集」モードで、スクリーンコントロールをパラメータにマップします。ワークスペースのスクリーンコントロールは、チャンネルストリップのパラメータにマップしない限り、MIDIハードウェアのフィジカルコントロールの動きに応答しません。

スクリーンコントロールをチャンネルストリップやプラグインのパラメータにマップする

  1. ワークスペースで、マップするスクリーンコントロールをクリックします。

    選択したコントロールが青で強調表示されます。選択したスクリーンコントロールのパラメータを示す「スクリーン・コントロール・インスペクタ」がワークスペースの下に表示されます。「スクリーン・コントロール・インスペクタ」には、「属性」タブ、「マッピング」タブ、および「マッピングなし」タブがあります。

  2. 「パラメータをマップ」ボタンをクリックします(またはCommand+Lキーを押します)。

    「マッピングなし」タブが開き、「パラメータマッピング」ブラウザが表示されます。「パラメータをマップ」ボタンが赤色になり、マッピングがアクティブであることを示します。

  3. スクリーンコントロールをチャンネルストリップのパラメータにマップするには、「チャンネルストリップ」領域でチャンネルストリップのパラメータのコントロールをクリックします。

  4. スクリーンコントロールをプラグインのパラメータにマップするには、チャンネルストリップのインサートセクションのプラグインをダブルクリックしてプラグインウインドウを開き、プラグインウインドウのパラメータをクリックします。

    図。プラグインのパラメータにスクリーンコントロールをマップする。

    選択したパラメータにスクリーンコントロールがマップされ、「マッピングなし」タブの名前がそのパラメータ名になります。「マッピングなし」タブのラベルにポインタを置くと、マップされているパラメータのパス全体が一時的に表示されます。

    図。マップされているパラメータの名前が表示されている「マッピングなし」タブと、そのパラメータのパス全体が表示されているタグ。

    スクリーンコントロールのマッピングを続けるには、ワークスペースでさらにスクリーンコントロールをクリックし、チャンネルストリップまたはプラグインウインドウで対応するパラメータをクリックします。

  5. 完了したら、Command+Lキーを押して(または「パラメータをマップ」ボタンをクリックして)マッピングをオフにします。

パラメータ・マッピング・ブラウザを使ってスクリーンコントロールをマップする

  1. ワークスペースで、マップするスクリーンコントロールをクリックします。

    選択したコントロールが青で強調表示されます。選択したスクリーンコントロールのパラメータを示す「スクリーン・コントロール・インスペクタ」がワークスペースの下に表示されます。「スクリーン・コントロール・インスペクタ」には、「一般」タブ、「マッピング」タブ、および「マッピングなし」タブがあります。

  2. 「スクリーン・コントロール・インスペクタ」で、「マッピングなし」タブをクリックします。

    「パラメータマッピング」ブラウザが表示され、マッピング可能なチャンネルストリップとプラグインが「アクション」フォルダと共に示されます。

  3. 「パラメータマッピング」ブラウザの左カラムで、スクリーンコントロールのマップ対象のパラメータがあるチャンネルストリップを選択します。

    選択したチャンネルストリップのパラメータが、右側のカラムに表示されます。チャンネルストリップ内の音源およびエフェクト用の追加フォルダが、このカラムに表示されることもあります。フォルダをクリックし、音源またはエフェクトのパラメータを表示します。

  4. マップするパラメータを選択します。

    図。「パラメータマッピング」ブラウザを使ってスクリーンコントロールをマップする。

    選択したパラメータにスクリーンコントロールがマップされ、「マッピングなし」タブの名前がそのパラメータ名になります。引き続きスクリーンコントロールをマップするには、ワークスペースでスクリーンコントロールをクリックし、「パラメータマッピング」ブラウザでパラメータを選択します。「パラメータマッピング」ブラウザを使うと、プラグインウインドウには表示されないパラメータをマップできます。

MainStageアクションやAppleScriptスクリプトにスクリーンコントロールをマップすることもできます。詳しくは、スクリーンコントロールをアクションにマップするを参照してください。

注記:スクリーンコントロールのマップ先となるチャンネルストリップの設定を変更すると、パラメータマッピングが失われます。

ほかにも、チャンネルストリップのベロシティ感度の編集、コントローラトランスフォームの作成、さまざまなMIDIメッセージのフィルタリングが可能です。チャンネルストリップの編集については、チャンネル・ストリップ・インスペクタの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?