MainStage: Channel EQを使用する

Channel EQを使用する

Channel EQプラグインを使うと、チャンネルストリップのサウンドを加工できます。必ずというわけではありませんが、通常はこれが最初のオーディオエフェクトです。グラフィカルなコントロールを使用して、オーディオ信号をリアルタイムで表示および変更することも簡単にできます。Channel EQの詳細と、いくつかの使用上のヒントについては、「MainStageエフェクト」マニュアルを参照してください。

Channel EQプラグインを使用する

  1. チャンネルストリップの上部のEQ領域をクリックします。

    使用できる最初のインサートスロットにChannel EQプラグインが追加され、プラグインウインドウが開きます。

    注記: Shiftキーを押したままEQ領域をクリックすると、使用できる最初のインサートスロットにLinear Phase EQが挿入されます。ただし、Linear Phase EQではChannel EQよりも信号の処理に時間がかかるため、リアルタイム演奏にはあまり適さなくなることに注意してください。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プラグインウインドウの上部にある「設定」ポップアップメニューからChannel EQの設定を選択します。

    • EQバンドをグラフィカルに編集するには、上下にドラッグしてレベルを変化させたり、左右にドラッグして中心周波数を変化させたりします。

    • EQバンドを数値で編集するには、数値をドラッグして値を上下させます。または、数値をダブルクリックして別の値を入力します。

Channel EQエフェクトの使用については、「MainStageエフェクト」マニュアルを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?