MainStage: プラグインの操作の概要

プラグインの操作の概要

「MainStage」には、プロ品質の音源およびエフェクトプラグインの完全なコレクションが付属しています。そのほか、チューナーなどのユーティリティプラグインも付属しています。付属のエフェクトプラグインについて詳しくは、「MainStage音源」および「MainStageエフェクト」マニュアルを参照してください。プラグインは、パッチの「MainStage」チャンネルストリップで使うことも、コンサートおよびセットレベルで使うこともできます。音源プラグインはソフトウェア音源のチャンネルストリップで使います。また、エフェクトプラグインは、オーディオ、ソフトウェア音源、外部音源、およびAuxチャンネルストリップで使うことができます。

チャンネルストリップにプラグインを追加または削除したり、同じチャンネルストリップのスロット間または2つのチャンネルストリップ間でプラグインを移動またはコピーしたりできます。また、プラグイン設定を使用したり、プラグインのパラメータを調整したり、プラグインウインドウのヘッダにあるその他のコントロールを使用したりすることもできます。

多くのエフェクトプラグインは、リアルタイムパフォーマンスで使用されるチャンネルストリップに問題なく挿入できます。Space Designerなどの一部のエフェクトでは、オーディオ信号をリアルタイムに大量に処理する必要があります。プロセッサの負荷が大きいSpace Designerなどのプラグインをパッチごとに使用すると、コンサートのパフォーマンスに影響し、オーディオのドロップアウトやグリッチが発生することがあります。特に、オーディオバッファのサイズを小さく設定している場合に、この問題が発生する可能性があります。コンサートでは、Space Designerや、同様にプロセッサの負荷が大きいその他のプラグインをあまり使用しないことをお勧めします。このようなプラグインは、チャンネルストリップごとに挿入するのではなく、(個々のパッチではなく)複数のパッチで共有されたオグジュアリー・チャンネル・ストリップでいくつかのインスタンスを使用できます。

MIDIプラグイン

「MainStage」には、ソフトウェア音源チャンネルストリップや外部MIDI音源チャンネルストリップに挿入してMIDIデータをリアルタイムで処理できるMIDIプラグインも備わっています。チャンネルストリップでは、MIDIプラグインはEQディスプレイと音源スロットの間に表示されます。また、他社製Audio Units MIDIプラグインを「MainStage」で使用することもできます。詳しくは、「MainStageエフェクト」マニュアルを参照してください。

Audio Unitsプラグイン

付属のプラグインのほか、Audio Unitsプラグインを「MainStage」の音源とエフェクトの両方に使うことができます。

一部のAudio Unitsプラグインは、レイテンシを引き起こすおそれがあります。コンプレッサーやリミッターなど、レイテンシの原因になるエフェクトを使用すると、ライブ演奏中に予想外の悪影響をおよぼす場合があります。その他のAudio Unitsプラグイン、特に音源プラグインやアンプ・モデリング・プラグインには、大量のリアルタイム処理が必要であるため、コンサートのパフォーマンスに影響する場合があります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?