MainStage: キー範囲を定義する

キー範囲を定義する

チャンネル・ストリップ・インスペクタの「レイヤーエディタ」タブには、パッチ内の各チャンネルストリップのキー範囲が表示されます。そのパッチが含まれるコンサートまたはセット内にキー範囲付きのチャンネルストリップがある場合は、コンサートまたはセット内のものが表示されます。チャンネルストリップのキー範囲は、レイヤー、「登録」ボタン、または「低音キー」および「高音キー」値スライダを使用して定義できます。

レイヤーを使ってキー範囲を定義する

  1. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「レイヤーエディタ」タブをクリックします。

  2. 「レイヤーエディタ」で、変更または定義したいレイヤーの左端にポインタを移動します。

    ポインタがサイズ変更ポインタに変わります。

  3. 低音キー(キー範囲の最も低いノート)として使用したいノートまでレイヤーの左端をドラッグします。

  4. レイヤーの右端へポインタを移動します。

  5. 高音キー(キー範囲の最も高いノート)として使用したいノートまでレイヤーの右端をドラッグします。

登録ボタンを使ってキー範囲を定義する

  1. 「チャンネルストリップ」領域で、チャンネルストリップを選択します。

  2. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「レイヤーエディタ」タブをクリックします。

  3. 「低音キー」値スライダの横にある「登録」ボタンをクリックします。

    図。チャンネルストリップのキー範囲を登録する。
  4. キーボードコントローラで、キー範囲の最低音として設定するキーを押します。

  5. 「低音キー」の登録モードをオフにするには、「登録」ボタンを再度クリックします。

  6. 「高音キー」値スライダの横にある「登録」ボタンをクリックします。

  7. キーボードコントローラで、キー範囲の最高音として設定するキーを押します。

  8. 「高音キー」の登録モードをオフにするには、「登録」ボタンを再度クリックします。

    パッチを演奏すると、キー範囲内であれば、チャンネルストリップの音が聞こえます。キー範囲外のノートを演奏すると、チャンネルストリップのサウンドは鳴りません。

値スライダを使ってキー範囲を定義する

  1. 「チャンネルストリップ」領域で、チャンネルストリップを選択します。

  2. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「レイヤーエディタ」タブをクリックします。

  3. 「低音キー」値スライダで値を変更します。

    値を上下にドラッグしたり、上下の矢印をクリックしたり、または値をダブルクリックして新しい値を入力したりできます。

    図。「低音キー」および「高音キー」値スライダを使用してチャンネルストリップのキー範囲を設定する。
  4. 「高音キー」値スライダで値を変更します。

    値を上下にドラッグしたり、上下の矢印をクリックしたり、または値をダブルクリックして新しい値を入力したりできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?