MainStage: 外部MIDI音源を MainStageで使用する

外部MIDI音源を MainStageで使用する

外部MIDI音源チャンネルストリップをパッチに追加して、ハードウェアシンセサイザーなどの外部音源の演奏や、ReWireアプリケーションの制御に使用できます。

外部MIDI音源チャンネルストリップを使用するときは、「MainStage」のMIDI出力を音源に送信するMIDIチャンネルを選択し、音源からオーディオを受信するオーディオ入力を選択します。音源からのオーディオ出力はチャンネルストリップの入力にルーティングされ、「MainStage」のエフェクトを使用して処理できます。

選択した外部MIDI音源を含むパッチでキーボードコントローラを演奏すると、「MainStage」はノートおよびその他のMIDIメッセージを選択されているMIDI出力とMIDIチャンネルに送信し、選択されている入力からオーディオを受信して、選択されている出力にオーディオ出力を送信します。外部音源がどのプログラムを使用するかを制御するために、パッチ選択時にプログラム・チェンジ・メッセージを外部音源へ送信することもできます。

外部音源チャンネルストリップを使って、接続したMIDIハードウェアデバイスにSysExおよび連続コントロールメッセージなどのMIDIメッセージを送信することもできます。SysExデータをリアルタイムで、またはMIDIファイルとして外部音源に送信できます。チャンネル・ストリップ・インスペクタには「MIDIファイル送信」コントロールがあります。このコントロールを使うと、送信する情報と共に標準MIDIファイルを選択できます。

外部音源チャンネルストリップを追加する

  1. 「チャンネルストリップ」領域の右上隅にあるチャンネルストリップ追加(+)ボタンをクリックします。

  2. 「新規チャンネルストリップ」ダイアログで、「外部音源」を選択します。

    MIDI入出力、フォーマット、チャンネルストリップのオーディオ入出力を選択することもできます。入力にオーディオチャンネルまたはReWireアプリケーションを選択することはできますが、バスを選択することはできません。「MIDI入力」ポップアップメニューには、現在ワークスペースにあるキーボードまたはMIDIアクティビティスクリーンコントロール(MIDIノート入力を受信します)が表示されます。

注記:外部音源を使用してMIDIをReWireスレーブアプリケーション(「Reason」や「Live」など)に送信するときは、スレーブアプリケーションがハードウェアコントローラから直接受信するMIDI入力を無効にする必要があります。ハードウェアデバイスからのMIDI入力を無効にする方法については、アプリケーションのマニュアルを参照してください。

ReWireアプリケーションの場合は、外部チャンネルストリップを追加するときに、MIDIポートをReWireスレーブに設定します。チャンネルリストもポートに基づいてアップデートされます。ReWireスレーブによっては複数のポートが設定されます。「MainStage」でReWireアプリケーションを使用するときは、「MainStage」を開いてからReWireアプリケーションを開いてください。

パッチを選択したときにプログラムチェンジを外部音源に送信する

  1. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「MIDI出力」タブをクリックします。

  2. 「MIDI出力」タブで「プログラムチェンジを送信」チェックボックスを選択します。

    デフォルトでは「プログラムチェンジ」の値は1に設定されています。この値を変更しない限りは、「プログラムチェンジを送信」チェックボックスを選択してもプログラムチェンジは送信されません。

  3. 「プログラムチェンジを送信」値スライダを使用して、送信したいプログラムチェンジ番号を設定します。

  4. バンク・チェンジ・メッセージを送信したい場合は、「バンクチェンジを送信」チェックボックスを選択してから、「バンクMSB」および「バンクLSB」値スライダを使用してバンクチェンジ番号のMSB(Most-Significant Byte)とLSB(Least-Significant Byte)を設定します。

    このパッチを選択すると、プログラムチェンジおよびバンクチェンジメッセージが外部音源に送信されます。また、チャンネル・ストリップ・インスペクタのスライダでプログラムチェンジおよびバンクチェンジの値を編集するとプログラムチェンジおよびバンクチェンジが送信されます(このため、正しいプログラムチェンジおよびバンク・チェンジ・メッセージを送信するには値を入力すると間違いがありません)。

    外部音源がコントローラからのノートやほかのMIDI情報を受信せずにプログラムチェンジに応答するようにするには、「MIDI入力」タブをクリックし、「キーボード」ポップアップメニューから「なし」を選択します。

スクリーンコントロールを使ってプログラムチェンジを外部音源に送信する

  1. ワークスペースで、プログラム・チェンジ・メッセージの送信に使うスクリーンコントロールをクリックします。

  2. 「スクリーン・コントロール・インスペクタ」で、「マッピングなし」タブをクリックします。

  3. 「マッピング」ブラウザで外部音源を選択し、サブメニューから「MIDIコントローラ」フォルダを選択します。

  4. 左から3番目のカラムで、「プログラムチェンジ」を選択します。

    「プログラムチェンジ」パラメータにスクリーンコントロールがマップされます。スクリーンコントロールにアサインしたハードウェアコントロールを動かすと、外部音源にプログラムチェンジが送信されます。

注記:「プログラムチェンジ」パラメータにスクリーンコントロールをマップするときに外部音源チャンネルストリップの「MIDI出力」パラメータが外部音源に設定されていると、マッピングを作成したときにプログラムチェンジ(プログラム0)が送信されます。このとき外部音源のプログラムを編集していると、変更内容が失われるおそれがあります。外部音源にすぐにプログラムチェンジを送信せずにスクリーンコントロールをマップするには、マッピングを作成する前に外部音源の「MIDI出力」スロットから「なし」を選択しておき、その後「MIDI出力」スロットで外部音源を選択します。ノブまたはフェーダーを動かさない限り、プログラムチェンジは送信されません。

SysExデータを外部音源にパス・スルーする

  1. 外部音源チャンネル・ストリップ・インスペクタの「MIDI入力」タブをクリックします。

  2. インスペクタウインドウの「入力」列で、「SysEx」チェックボックスの選択を解除します。

    外部音源チャンネルストリップでSysExデータが音源にパス・スルーされるようになります。

外部音源を使ってMIDIファイルを送信する

  1. 外部音源チャンネル・ストリップ・インスペクタの「MIDI出力」タブをクリックします。

  2. 「MIDIファイルを送信」チェックボックスを選択してから、「選択」ボタンをクリックします。

  3. 追加するMIDIファイルの場所に移動してファイルを選択し、「センド」をクリックします。

    外部音源チャンネルストリップで選択したポートにMIDIファイルがすぐに送信されます。チャンネル・ストリップ・インスペクタのほかのオプション(プログラムチェンジやMIDIクロックメッセージなど)と同様に、パッチ変更時にMIDIファイルが再送信されます。

タイプ0と1の標準MIDIファイル(SMF)のみサポートされています。MIDIファイルはコンサートごとに1ファイルずつ順番に送信されます。長いMIDIファイルを送信するパッチを急速に切り替えると、MIDIファイルは待機キューに追加され、連続して送信されます。MIDIメッセージはMIDIファイルに保存されているテンポで送信されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?