MainStage: マルチ音源出力を使用する

マルチ音源出力を使用する

「MainStage」は、EXS24 mkII、Ultrabeat、およびいくつかのAudio Units音源のマルチ出力版に対応しています。マルチ出力音源を挿入して、出力ごとに異なる物理的な出力へルーティングしたり、さまざまなプラグインや処理を出力ごとに適用したりできます。

音源がマルチ出力に対応している場合は、その音源の音源プラグイン・ポップアップ・メニューに1つ以上のマルチ出力版が表示されます。

図。サブメニューに「マルチ出力」項目が表示されているプラグインメニュー。

プラグインメニューには、出力設定に固有の情報が表示されます。たとえば、「EXS24」には「マルチ出力(5xステレオ, 6xモノラル)」が表示されます。  

注記:マルチ出力に対応していない音源もあります。プラグインメニューにマルチ出力版が表示されない場合、その音源はマルチ出力に対応していません

マルチ出力音源を挿入する

  1. マルチ出力音源を使用したいチャンネルストリップで、音源スロットをクリックします。

  2. プラグインメニューから音源を選択し、サブメニューからマルチ出力版を選択します。

    音源スロットに音源名が表示され、小さい追加(+)ボタンがチャンネルストリップのソロボタンの下に表示されます。音源の出力は「Output 1-2」に設定されます。

  3. 音源スロットをダブルクリックして音源(プラグイン)ウインドウを開きます。

    音源(プラグインウインドウ)のサウンドまたはサンプルごとに出力ルーティングを設定する必要があります。EXS24 mkIIの出力ルーティングはインストゥルメントエディタで設定し、Ultrabeatの出力ルーティングはUltrabeatウインドウの「割り当て」セクションの出力メニューで設定します。

  4. チャンネルストリップで、追加ボタン(+)をクリックして出力を追加します。

    出力を追加するたびに、チャンネルストリップの新しいセクションが追加され、次に利用できる出力ペアになります。

    すべての出力が同じ音源を使用しますが、それぞれに独自のインサート、音量、パン、およびエクスプレッション設定、独自のエフェクトセンド、独自の出力を割り当てることができます。

マルチ音源出力の使用について詳しくは、「MainStage音源」マニュアルを参照してください。特定の音源(たとえばUltrabeat)の情報については、それらの音源を説明している章を参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?