MainStage: チャンネルストリップのベロシティをスケーリングする

チャンネルストリップのベロシティをスケーリングする

ベロシティ・スケーリング・グラフを使用して、チャンネルストリップの出力ベロシティをスケーリングできます。出力ベロシティのスケーリングは、ノート入力または入力ベロシティを基にして行います。

ベロシティスケーリングを行うときは、各入力ベロシティが(演奏しているノートに関係なく)出力ベロシティにスケーリングされます。

ノートスケーリングを行うときは、出力ベロシティがキー範囲のノートに応じてスケーリングされます。フィルタまたはアタックパラメータが開いていて高いノート値をより明るくシャープなサウンドにするときなど、キー範囲のさまざまな部分にパラメータ変更を適用したいときに役に立ちます。

ベロシティ・スケーリング・グラフを開く

  1. 「チャンネルストリップ」領域で、ベロシティスケーリングを行いたいチャンネルストリップを選択します。

  2. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「MIDI入力」タブをクリックします。

  3. 「MIDI入力」タブで、次のいずれかの操作を行います:

    • ベロシティ入力グラフを開くには: 「ベロシティ入力」ボタンを選択します。

    • ノート入力グラフを開くには: 「ノート入力」ボタンを選択します。

グラフの編集については、グラフを操作するを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?