MainStage: MIDIメッセージをフィルタリングする

MIDIメッセージをフィルタリングする

「チャンネル・ストリップ・インスペクタ」で、チャンネルストリップの一部のMIDIメッセージをフィルタリングできます。「チャンネル・ストリップ・インスペクタ」の「フィルタ」セクションで1つまたは複数のMIDIメッセージタイプを選択すると、対応するMIDIメッセージタイプが、フィルタリングで受信MIDIデータから除外され、チャンネルストリップには送られません。

以下のタイプのMIDIメッセージをフィルタリングできます:

  • ピッチベンド

  • チャンネルプレッシャー

  • SysEx

  • コンティニュアスコントローラ(CC)のメッセージ0-127

受信MIDIメッセージをフィルタリングする

  1. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「MIDI入力」タブをクリックします。

  2. 「MIDI入力」タブの「入力コントローラ」セクションで、フィルタリングしたいMIDIメッセージのチェックボックスを選択します。

    コントローラトランスフォームを作成すると、入力メッセージタイプをフィルタリングできるようになりますが、コントローラトランスフォームは、その出力メッセージタイプを送信します。出力メッセージタイプをフィルタリングすることもできますが、その場合、コントローラトランスフォームの出力がフィルタリングされます。詳しくは、コントローラのトランスフォームを作成するを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?