MainStage: スクリーンコントロールをマップする

スクリーンコントロールをマップする

使用したいスクリーンコントロールのコントローラアサインメントを登録したら、演奏時に制御したいパッチ内のパラメータにスクリーンコントロールをマップできます。マスター音量を制御したり、マスターレベルを表示したり、コンサート全体のエフェクトを変更したりするためのパラメータをコンサートレベルでマップすることもできます。

パラメータにスクリーンコントロールをマップする

  1. ワークスペースで、マップするスクリーンコントロールをクリックします。

    選択したコントロールが青で強調表示されます。選択したスクリーンコントロールのパラメータを示す「スクリーン・コントロール・インスペクタ」がワークスペースの下に表示されます。「スクリーン・コントロール・インスペクタ」には、「属性」タブ、「マッピング」タブ、および「マッピングなし」タブがあります(スクリーンコントロールがマップされていない場合)。

  2. 「パラメータをマップ」ボタンをクリックします(またはCommand+Lキーを押します)。

    「マッピングなし」タブが開き、「パラメータマッピング」ブラウザが表示されます。「パラメータをマップ」ボタンが赤色になり、マッピングがアクティブであることを示します。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • スクリーンコントロールをチャンネルストリップのパラメータにマップするには: 「チャンネルストリップ」領域でチャンネルストリップのパラメータのコントロールをクリックします。

    • スクリーンコントロールをプラグインのパラメータにマップするには: チャンネルストリップの「Insert」セクションのプラグインをダブルクリックしてプラグインウインドウを開き、プラグインウインドウのパラメータをクリックします。

      図。プラグインのパラメータにスクリーンコントロールをマップする。
  4. スクリーンコントロールのマッピングを続けるには、ワークスペースでさらにスクリーンコントロールをクリックし、チャンネルストリップまたはプラグインウインドウで対応するパラメータをクリックします。

  5. 完了したら、もう一度「パラメータをマップ」ボタンをクリックして(またはもう一度Command+Lキーを押して)マッピングをオフにします。

スクリーンコントロールをパラメータにマップするには、チャンネルストリップまたはプラグインウインドウでパラメータを目で確認しながら選択するか、「パラメータマッピング」ブラウザでパラメータを選択します。スクリーンコントロールをチャンネルストリップまたはプラグインパラメータにマップする方法については、スクリーンコントロールをチャンネルストリップおよびプラグインのパラメータにマップするを参照してください。スクリーンコントロールをアクションにマップする方法については、スクリーンコントロールをアクションにマップするを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?