MainStage: 「編集」モード

「編集」モード

「編集」モードでは、サウンドを作成、編集、整理します。パッチの追加、チャンネルストリップの追加と編集、キーボードのレイヤーおよびスプリットの作成、チャンネルストリップやプラグインのパラメータの編集が可能です。さらに、「編集」モードでは、スクリーンコントロールをチャンネルストリップのパラメータやアクションにマップしたり、パッチ、セット、およびコンサートの各レベルのパラメータを編集したりします。

図。「編集」モードの「パッチリスト」、インスペクタ、「チャンネルストリップ」領域。
  • パッチリスト: コンサート内のパッチとセットを表示します。パッチやセットを「パッチリスト」に追加したり、名前を付けたり、整理したりできます。「パッチリスト」には、アクション・ポップアップ・メニューが付いています。パッチやセットの作成、プログラムチェンジ番号のリセット、項目のスキップ、パッチやセットの読み込みやほかのコンサートで使う場合の書き出しなどは、アクション・ポップアップ・メニューのコマンドから実行します。

  • インスペクタ: 現在選択しているパッチ、チャンネルストリップ、スクリーンコントロール、セットのパラメータや、コンサートのパラメータを表示して編集できます。インスペクタの名前は、現在選択している項目のタイプを示しています。

  • 「チャンネルストリップ」領域: パッチ、セット、またはコンサートレベルのチャンネルストリップを表示および編集します。チャンネルストリップは縦長の形をしており、音量やパンなどのミキサーコントロールを持っています。チャンネルストリップを追加し、チャンネルストリップ設定を保存することもできます。

  • 「アサインメントとマッピング」タブ: 選択したパッチ、セット、またはコンサートのアサインメントとマッピングを表示します。新しいアサインメントとマッピングを作成したり、既存のものを編集したり、アサインメントのハードウェア入力設定を編集したりできます。

「編集」モードでの操作方法については、「編集」モードの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?