MainStage: MainStageウインドウ

MainStageウインドウ

「MainStage」では、すべての作業を1つのウインドウで行います。MainStageウインドウでは、パッチとコンサートレイアウトを簡単に操作できます。「MainStage」を開くと、ウインドウの中央にはワークスペース、両側と下部にはインスペクタなどの編集領域があります。演奏の準備ができたら「演奏」モードを選択して、コンピュータのパフォーマンスを最適化したり、ステージ上で見やすいように表示領域を大きくしたりできます。

MainStageウインドウ。ワークスペース、インスペクタ、ツールバー、アクティビティモニタが含まれている。

MainStageウインドウの主な機能は次の通りです:

  • ツールバー: 通常使うコマンドとツールにすばやくアクセスできるボタンが表示されています。

  • アクティビティモニタ: コンピュータのプロセッサとメモリの消費量が表示されると共に、編集、演奏時にはMIDIデバイスからの入力が示されます。

  • ワークスペース: 画面のレイアウトをカスタマイズしたり、ハードウェアコントロールをスクリーンコントロールにアサインしたり、演奏中にコンサートを表示したりする「キャンバス」です。コンサートのアサインメントとマッピングを表示することもできます。

  • スクリーンコントロール: ハードウェアデバイスのコントロールに関連付けられた画面上のオブジェクトです。ワークスペースでスクリーンコントロールを追加および配置し、ハードウェアコントロールをスクリーンコントロールにアサインし、コンサートのパッチごとに制御したいパラメータにそれをマップすることができます。

  • チャンネルストリップ: チャンネルストリップは、サウンドを組み立てカスタマイズする場所です。「MainStage」のチャンネルストリップには、「Inserts」、「Sends」、「I/O」メニューに加え、レベルメーター、フェーダー、パンノブなどのコントロールが付いています。

  • インスペクタ: インスペクタは、項目を画面上で選択したときに MainStageウインドウの下側(「編集」モードの場合)または左側(「レイアウト」モードの場合)に表示されます。インスペクタを使うと、パッチ、セット、スクリーンコントロール、チャンネルストリップ、コンサートのパラメータと属性を編集できます。ほとんどのインスペクタにはタブがあり、そこから編集したいパラメータに簡単にアクセスできます。

作業を簡単にするために、「MainStage」には、タスクのタイプに応じて3種類のモードが用意されています。一部の機能はどのモードでも共通ですが、それ以外の機能は特定のモード専用になっています。

  • 「編集」モードでは、サウンドを試聴、編集、整理して、スクリーンコントロールをマップします。

  • 「レイアウト」モードでは、コントロールの画面上での配置をカスタマイズし、コントローラアサインメントを行います。

  • ライブ演奏時には、「演奏」モードを使用します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?