MainStage: オーディオインターフェイスを接続する

オーディオインターフェイスを接続する

オーディオインターフェイスを使うと、コンピュータにマイクや楽器などの音楽機材を接続して、「MainStage」と一緒に使用できます。また、ミキサー、スピーカー、モニタ、ヘッドフォンなどの機器を接続して、コンサートからのオーディオ出力を聞くこともできます。

「MainStage」はオーディオインターフェイスのプラグ&プレイをサポートしているため、「MainStage」を開いたまま新しいオーディオインターフェイスを接続して使うことができます。新しいデバイスを接続すると警告が表示され、使用するオーディオインターフェイスとドライバを選択して確認することを求められます。

コンピュータで使用するオーディオインターフェイスを検討する場合は、製造元による要件を必ず参照して、そのインターフェイスがmacOSおよびCore Audioと互換性があることを確認してください。また、コンピュータでサポートされているフォーマットがオーディオインターフェイスで使用されていることも確認してください。

どのようなデジタル・オーディオ・インターフェイスにも、必ずと言っていいほどレイテンシが生じます。これは、オーディオ信号が生成されてから実際にその信号が聞こえるまでの知覚できる時間のずれです。オーディオインターフェイスは、必ずコンピュータに直接接続してください。ハブを介した接続や別のデバイスとのデイジーチェーンは避けてください。直接接続しないと、特にUSB 1.1などの遅いデバイスでは、作業に支障をきたすほどレイテンシが長くなります。

コンピュータにオーディオインターフェイスを接続する

以下のいずれかの操作を行います:

  • コンピュータのThunderbolt、USBまたはFireWireポートにオーディオインターフェイスを接続します。

    図。Thunderboltコネクタの図。
    図。USBコネクタの図。
  • コンピュータに取り付けたPCIe(Peripheral Component Interconnect Express)カードにオーディオインターフェイスを接続します。PCIeは非常に高い帯域幅と高速データ転送を提供するため、可能な限り高いサンプルレートとビット深度でオーディオの入出力が可能になります。

  • コンピュータに取り付けたExpressCard/34スロットにオーディオインターフェイスを接続します。ExpressCard/34は、PCIeおよびUSB 2.0接続の両方に対応しています。利用できるExpressCardには、オーディオインターフェイス、ハードディスクコントローラ(eSATA)カード、ネットワーキング、ワイヤレスアダプタなどがあります。

コンピュータへのドライバのインストールなどについては、製造元の指示に従ってください。コンピュータにオーディオインターフェイスを接続した後は、必ず「MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」でオーディオ入力ソースにそのオーディオインターフェイスを選択してください。入力デバイスとしてオーディオインターフェイスを選択したら、コンサートのオーディオ・チャンネル・ストリップの入力ソースにオーディオインターフェイスの個々の入力を指定できます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?