MainStage: マイクを接続する

マイクを接続する

コンピュータにマイクを接続して声や楽器などのサウンドを録音し、演奏時にオーディオ入力として使用することができます。マイクは、コンピュータのオーディオ入力ポート、USBポート、またはコンピュータに接続したオーディオインターフェイスに接続できます。また、コンピュータに内蔵されているマイクを使用することもできます。

コンピュータにマイクを接続する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 標準的なXLRケーブルを使い、オーディオインターフェイスの入力にマイクを接続します。

    図。XLRコネクタの図。
  • コンピュータのUSBポートにUSBマイクを接続します。「MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」でオーディオ入力ソースにUSBマイクを選択してから、コンサートのオーディオ・チャンネル・ストリップの「入力」ポップアップメニューで入力を選択します。

  • コンピュータのUSB、Thunderbolt、またはFireWireポートにオーディオインターフェイスを接続してから、オーディオインターフェイスにマイクを接続します。

  • オーディオインターフェイスにオーディオミキサーまたはコンソールを接続してから、コンピュータにオーディオインターフェイスを接続します。

    図。Thunderboltコネクタの図。
    図。USBおよびFireWireコネクタの図。
  • コンピュータにオーディオ入力ポートがある場合は、オーディオ入力ポートにマイクを接続し、「MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」でオーディオ入力ソースに「内蔵入力」を選択します。

    図。ステレオ・ミニプラグ・コネクタの図。
  • コンピュータの内蔵マイクを使っている場合は、「MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」でオーディオ入力ソースに「内蔵マイク」を選択します。マイクの接続にはこれ以上の手順は必要ありません。

オーディオインターフェイスを使ってマイクを接続したら、「また、MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」で接続先のポートをオーディオ入力ソースに選択します。

また、オーディオインターフェイスをコンピュータに接続する場合は、製造元による要件を参照して、そのインターフェイスがmacOSおよびCore Audioと互換性があることを確認してください。また、コンピュータでサポートされているフォーマットがオーディオインターフェイスで使用されていることも確認してください。コンピュータへのドライバのインストールなどについては、製造元の指示に従ってください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?