MainStage: マルチチャンネルMIDIデバイス

マルチチャンネルMIDIデバイス

マルチティンバーMIDIデバイスは、複数のMIDIチャンネルのMIDIデータを同時に受け取ることができます。各MIDIチャンネルは、ピアノ、ストリングス、ベースなどのトーン/サウンドに割り当てることができます。

こうしたマルチティンバーデバイスの機能を最大限に活用するには、デバイスごとに別々のMIDI OUTポート(コンピュータのMIDIインターフェイスからMIDI INポート)を使用する必要があります。

「MainStage」では、MIDIデータをチャンネル化(MIDIチャンネル1〜16にルーティング)できるほか、チャンネル化したデータを特定のMIDI OUTポートに送信することもできます。

マルチ出力MIDIインターフェイスというのは、MIDIチャンネルが増えた状態と同じです。このシナリオでは、ポート(A、B、C、D)ごとに16チャンネルあるため、独立したMIDIチャンネルが64あるのと同じです。

トーンジェネレータから最大64の異なるサウンドを同時に再生できるだけでなく、各デバイスのチャンネルごとに詳細なMIDI制御が可能になります。これは、音源がたくさん鳴る楽曲でアレンジや編曲を行う場合にますます重要になります。

お使いのコンピュータに複数のMIDI入力が装備されている場合は、ほかのMIDIエクスパンダやコントローラのMIDI出力を接続できます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?