MainStage: MIDIキーボードとモジュールを接続する

MIDIキーボードとモジュールを接続する

コンピュータにMIDIキーボードを接続して、ソフトウェア音源パッチを演奏したり、シンセサイザーやサウンドモジュールなどの外部MIDIデバイスと一緒に使ったりすることができます。

MIDI INおよびMIDI OUTポートのあるデバイスを接続する場合は、MIDIケーブルでMIDIインターフェイスのMIDI INポートにMIDI OUTポートを接続し、MIDIインターフェイスのMIDI OUTポートにキーボードのMIDI INポートを接続します。

図。MIDIコネクタの図。

MIDIキーボードを接続する

以下のいずれかの操作を行います:

  • トーンジェネレータのないキーボードコントローラの場合: キーボードのMIDI OUTポートとMIDIインターフェイスのMIDI INポートをMIDIケーブルで接続します。

    図。MIDIキーボードのMIDI OUTポートとMIDIインターフェイスのMIDI INポートをケーブルで接続した図。
  • トーンジェネレータを内蔵するキーボードの場合: さらにMIDIインターフェイスのMIDI OUTポートをキーボードのMIDI INポートに接続する必要もあります。ご使用のMIDIインターフェイスに複数のMIDI出力がある場合は、ほかのトーンジェネレータ(または、双方向MIDI通信を必要とするコントロールサーフェスなどのほかのMIDIデバイス)を接続してください。

    図。MIDIキーボードのMIDI OUTポートとMIDIインターフェイスのMIDI INポート、およびMIDIキーボードのMIDI INポートとMIDIインターフェイスのMIDI OUTポートをケーブルで接続した図。
  • MIDIインターフェイスのMIDI出力が1つの場合: 2台目のトーンジェネレータのMIDI INはキーボードのMIDIスルーポートに接続する必要があります。すると、3台目のデバイスは2台目のMIDIスルーポートに、というように接続していくことができます。

    図。MIDIキーボードとMIDIインターフェイス、およびMIDIキーボードと2台目/3台目のトーンジェネレータをケーブルで接続した図。

MIDIスルーポートは、デバイスのMIDI INポートで受け取った信号を複製します。コンピュータのMIDI OUTポートとデバイスは、ほかのユニットと数珠繋ぎにするのではなく、直接接続してください。別のユニットが間に入ると、多数のMIDIコマンドが次々と送信される場合にタイミングの問題が生じます。これは、MIDI INからMIDIスルーへの処理ごとに、わずかな遅延がそのつど発生するためです。このため、何台ものMIDIトーンジェネレータやコントローラを使うスタジオでは複数の入出力を持つMIDIインターフェイスが推奨されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?