MainStage: MIDIデバイスの概要

MIDIデバイスの概要

「MainStage」は、さまざまなUSBおよびMIDIキーボードコントローラ、フットペダルやフットスイッチなどのMIDIデバイスを使って操作できます。MIDIデバイスから標準MIDIコントロールメッセージを送信する必要があります。「MainStage」が標準MIDIメッセージを受信すると、それらを使って外部MIDI音源チャンネルストリップの外部MIDIデバイスを制御できます。

コントローラプリセット

一部のキーボードコントローラでは、デバイスのコントロールから送信されたメッセージを再設定する、複数の異なるプリセットつまり「シーン」を選択できます。ほとんどの場合、特定のアプリケーションに対応するシステム・エクスクルーシブ・メッセージではなく、標準MIDIメッセージを送信する一般的なプリセットを選択してください。ハードウェアコントロールを「MainStage」のスクリーンコントロールにアサインしたら、MIDIデバイスのプリセットを変更しないでください。変更すると、アサインした内容が失われる可能性があります。

別のプリセットを選択するか、デバイスをプログラムし直すと、コントローラから送信されたメッセージタイプを変更できる場合もあります。一部のデバイスでは、ノブ、ボタン、その他のコントロールを再プログラムするためのソフトウェアが用意されています。MIDIデバイスの再プログラムについては、デバイスに付属のマニュアルを参照してください。

自動設定に対応するMIDIデバイス

「MainStage」では、多くの有名なMIDIコントローラに対応するために、コンサート内のスクリーンコントロールを自動的に設定できます。自動設定に対応する機器を使用する場合は、新しいコンサートを開くときに、適切なプリセットを機器上で選択するように警告されます。MIDIデバイス上でプリセットを選択すると、コンサート内のスクリーンコントロールがハードウェア装置上の対応するコントロールに自動的にアサインされるので、追加の設定を行わなくても「MainStage」でそれらを使用できます。

特殊なMIDIメッセージタイプを送信するMIDIデバイス

ノブ(ロータリーコントロール)やボタンなど、一部のハードウェアコントロールでは、複数の種類のMIDIメッセージを送信できます。これらのコントロールを登録処理で「MainStage」のスクリーンコントロールにアサインすると、「MainStage」によって受信MIDIデータが解析され、ハードウェアコントロールがどのタイプのメッセージを送信しているかが判別されます。「MainStage」がコントロールを正しく登録できるように、登録処理中には、ノブの場合はフルレンジで回し、ボタンの場合は正確に3回押してください。

MIDIコントローラによっては、標準ではない独自のMIDIメッセージを送信するものもあります。「MainStage」では、非標準MIDIメッセージ、「登録」または「未登録」パラメータメッセージ、システムエクスクルーシブ(SysEx)メッセージに対する処理や応答はできません。スクリーンコントロールにアサインするハードウェアコントロールがシステム・リアルタイム・メッセージやMIDI Machine Control(MMC)メッセージを送信する場合は、これらのメッセージは「MainStage」で処理できます。

一部のデバイスには、プログラム・チェンジ・メッセージを送信するボタンがあります。このボタンからプログラム・チェンジ・メッセージを「MainStage」に送信することはできますが、「MainStage」のスクリーンコントロールを使ってほかのパラメータを制御するようにアサインすることはできません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?