MainStage: キーボードコントローラで演奏するときのヒント

キーボードコントローラで演奏するときのヒント

MIDI対応キーボードコントローラ用にデザインされた「キーボード」テンプレートのいずれかを使うと、「MainStage」を高度なサウンドモジュールおよびマルチエフェクトプロセッサとして使いながらキーボードを演奏できます。テンプレートに含まれるパッチでは、「MainStage」に付属のソフトウェア音源プラグインとエフェクトプラグインが豊富に使用されています。

ライブ演奏で複数のキーボードコントローラを使う場合、スクリーンコントロールは、すべてのコントローラから送信されたMIDIメッセージに応答するか、特定のコントローラから送信されたMIDIメッセージのみに応答するかを選択できます。また、チャンネルストリップでも、すべてのコントローラの入力を受信するか、1台のコントローラの入力だけを受信するかを指定できます。

「レイアウト」モードでは、スクリーンコントロールは、すべてのMIDIポートおよびチャンネルでMIDI入力に応答するように設定することも、特定のデバイスまたはチャンネルにのみ応答するように設定することもできます。スクリーンコントロールがすべてのコントローラのMIDI入力に応答するように設定するには、「レイアウトインスペクタ」の「装置」ポップアップメニューと「チャンネル」ポップアップメニューで「すべて」を選択します。スクリーンコントロールが特定のコントローラに応答するか、キーボードのスクリーンコントロールと同じチャンネルに応答するように設定するには、「装置」ポップアップメニューでコントローラを選択します。

「編集」モードでは、(ソフトウェア音源の)「チャンネル・ストリップ・インスペクタ」の「入力」タブで、チャンネルストリップにMIDI入力を送信するデバイスを設定します。デフォルトでは、チャンネルストリップは、レイアウトの最初のコントローラの入力を受信します。「入力」ポップアップメニューでは、別のデバイスの入力を受信するようにチャンネルストリップを設定できます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?