MainStage: キーボード・スクリーン・コントロールのパラメータ

キーボード・スクリーン・コントロールのパラメータ

MIDIノートメッセージを送信するキーボードコントローラまたはその他のMIDIデバイスを使用する場合は、「キーボード」(または「MIDIアクティビティ」)スクリーンコントロールをレイアウトに取り込みます。キーボード・スクリーン・コントロールの以下のパラメータを編集できます。

ハードウェアの割り当て

  • 「デバイス」ポップアップメニュー: 登録したキーボードの名前を表示します。装置名は、キーボードコントローラの名前に対応している場合もあり、コントローラに複数のポートが付いている場合はポートに対応している場合もあります。別の装置または「すべて」を選択することもできます。

  • 「チャンネル」ポップアップメニュー: 「MainStage」がキーボードからの入力を受信するMIDIチャンネルを表示します。別のチャンネルまたは「すべて」を選択することもできます。

  • 「ベロシティ感度」スライダ: キーボードのベロシティ感度を設定します。「低い」の方向にドラッグすると、最大値をトリガするために高いベロシティが必要になり、「高い」の方向にドラッグすると、ベロシティが低くても最大値がトリガされやすくなります。

設定

  • 「名前」フィールド: キーボードの名前を入力します。「チャンネル・ストリップ・インスペクタ」の「入力」ポップアップメニューに名前が表示され、そこでチャンネルストリップの応答先となる装置を選択できます。

  • 「キーの数」値スライダ: キーボード・スクリーン・コントロールの鍵盤数を入力します。

  • 「最も低いキー」値スライダ: 最も低いキーのノート名を入力します。

  • 「最も低いキー」の「登録」ボタン: 「登録」ボタンをクリックし、最も低いキーを押すと、「MainStage」に最も低いキーが登録されます。

    「キーの数」と「最も低いキー」は、スクリーンコントロールの外観にのみ影響します。キーボードコントローラからどのノートを受信するかには影響しません。

レイヤーを表示

  • 「キーボードレイヤーを表示」チェックボックス: 選択すると、パッチ内の各ソフトウェア音源チャンネルストリップのレイヤーがワークスペースのキーボードの上に表示されます。レイヤーには、チャンネルストリップの名前とカラーが表示され、キーボードを弾くと応答します。

  • 「高さ」値スライダ: キーボードの上に表示されるレイヤーディスプレイの高さを設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?