MainStage: コントローラアサインメントの概要

コントローラアサインメントの概要

「MainStage」をMIDIコントローラで使う場合、コントローラ上のハードウェアコントロール(フェーダー、ノブ、ボタン、ドラムパッド、ペダルなど)を、ワークスペースのノブボタンなどのスクリーンコントロールにアサインします。ハードウェアコントロールをスクリーンコントロールにアサインすると、ハードウェアコントロールから送られたMIDIメッセージをスクリーンコントロールが受信するようになります。同じハードウェアを使う限り、コントローラアサインメントはコンサートごとに1回だけ行います。

ハードウェアコントロールをスクリーンコントロールにアサインするには、登録処理を用います。詳細については、コントローラアサインメントを登録するを参照してください。「アサインメントとマッピング」テーブルで、ハードウェアコントロールをアサインすることもできます。詳しくは、アサインメントとマッピングの概要を参照してください。

「アサイン」ボタンでハードウェアコントロールをアサインすると、「MainStage」は、コントロールを動かしたときに送信されるMIDIメッセージのタイプとコントロールで送信できる値の範囲を識別します。スクリーンコントロールをチャンネルストリップのパラメータまたはアクションにマップすると、「MainStage」は、ハードウェアコントロールから送信された値の範囲を、パラメータで使用可能な最適な値の範囲に変換(つまり「マップ」)します。

たとえば、フェーダー、ノブ、およびその他のMIDIコントロールの多くは0〜127の値を送信します。この値の範囲を持つハードウェアノブを、EQエフェクトの周波数パラメータ(使用できる値の範囲は20 Hz〜20 kHz)を制御するためにマップできます。ノブのスクリーンコントロールをEQ周波数パラメータにマップすると、「MainStage」は、ハードウェアノブから送信された値を変換し、パラメータの最小値(20 Hz)と最大値(20 kHz)の間に当てはめます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?