MainStage: スクリーンコントロールの概要

スクリーンコントロールの概要

スクリーンコントロールは、MainStageコンサート内のオブジェクトで、音楽装置のフィジカルコントロールに対応します。スクリーンコントロールを使って、パッチ番号やパラメータ値などの情報を表示し、情報をリアルタイムにアップデートすることもできます。スクリーンコントロールをコンサートのワークスペースに追加して、移動、サイズ変更、グループ化したり、さまざまな方法で外観を編集したりできます。

「MainStage」のレイアウトで使用できるスクリーンコントロールには、3つのタイプがあります:

「レイアウト」モードのワークスペースの下に表示される「スクリーン・コントロール・パレット」には、各タイプに対応したタブと、すべてのコントロールをまとめたタブがあります。パレットからワークスペースにスクリーンコントロールをドラッグすれば、スクリーンコントロールをワークスペースに追加できます。

また、グループコントロールを作成して「スクリーン・コントロール・パレット」に追加すると、「自分のグループコントロール」タブもパレットに表示されます。独自のグループコントロールをパレットに追加すると、すべてのコンサートで利用できるようになります。

図。すべてのタイプのスクリーンコントロールが表示された「スクリーン・コントロール・パレット」。

コンサートに合わせてスクリーンコントロールを配置したら、MIDIハードウェア上のフィジカルコントロールをワークスペース内のスクリーンコントロールにアサインしてハードウェアとコンサートを接続します。同じハードウェアを使う限り、ハードウェアのアサインはコンサートごとに1回だけ行います。

コントローラアサインメントを完了すると、スクリーンコントロールをパッチのチャンネルストリップ、またはアクションに割り当てることができます。パラメータのマッピングは、「編集」モードで行います。パラメータのマッピングについて詳しくは、スクリーンコントロールをチャンネルストリップおよびプラグインのパラメータにマップするおよびスクリーンコントロールをアクションにマップするを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?