Logic Pro X: ほかのプロジェクトのデータと設定を読み込む

ほかのプロジェクトのデータと設定を読み込む

トラックの内容(リージョンおよびフォルダ)、プラグイン(設定を含む)、センド(レベル、ルーティング、送信先チャンネルストリップを含む)、入力/出力割り当て、オートメーション、トラックノートなどのデータをほかのプロジェクトから読み込むことができます。

「すべてのファイル」ブラウザでは、「トラックの読み込み」表示で読み込むデータを選択し、それらを現在のプロジェクトの新しいトラックに追加するか既存のデータと置き換えるかを選択できます。

ほかのプロジェクトから以下のプロジェクト設定を読み込むこともできます:

  • スクリーンセット

  • トランスフォームセット

  • ハイパーセット

  • スコアセット、譜表スタイル、テキストスタイル、および設定

  • 同期設定

  • メトロノーム設定

  • 録音設定

  • チューニング設定

  • オーディオ設定

  • MIDI設定

  • ムービー設定

  • 素材設定

ほかのプロジェクトからデータを読み込む

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「読み込む」>「Logicプロジェクト」と選択します。

    • ブラウザの「すべてのファイル」をクリックします。

  2. データの読み込み元のプロジェクトを選択します。

    • 「読み込む」ダイアログを使うと、「読み込む」ボタンがアクティブになります。

    • 「ブラウザ」パネルを使う場合、「読み込む」ボタンはパネルの右下隅に表示されます。

      図。「ブラウザ」パネルの「読み込む」ボタン
  3. 「読み込む」ボタンをクリックするか、プロジェクトファイルをダブルクリックします。

    「すべてのファイル」ブラウザが「トラックの読み込み」表示に変わります。

    図。「すべてのファイル」ブラウザの「トラックの読み込み」表示。
  4. 対応するチェックボックスを選択して、読み込むデータを選択します。「トラックの読み込み」の表の上部にあるボタンを使って、表示するトラックまたはチャンネルストリップのタイプを絞り込むことができます。

    • 番号: トラック番号を示します。チャンネルストリップはトラック領域に表示されないため、番号は表示されません。また、「3-1」といった形式でフォルダトラックも表示されます。この「3」はトラック番号、「1」はフォルダ番号を表します。フォルダトラックをダブルクリックすると、次の階層の内容を表示できます。テイク・フォルダ・トラックは、すべてのテイクおよびコンプと共に読み込まれます。

    • 名前: 読み込み元のプロジェクトで表示されるトラック名またはチャンネルストリップ名を示します。

    • タイプ: トラックまたはチャンネルストリップのタイプを示します。

    • コンテンツ: トラック内のリージョンまたはフォルダの内容を読み込むときに使用します。フォルダトラックの場合は、フォルダをダブルクリックすれば個々のトラックにアクセスできます。

    • プラグイン: チャンネルストリップに挿入されているプラグインとその設定を読み込むときに使用します。プラグインは、挿入された順に表示されます。ソフトウェア音源チャンネルストリップの場合、音源プラグインも読み込まれます。

    • Sends: チャンネルストリップに挿入されているセンドとそのレベル、ルーティング、およびすべての送信先チャンネルストリップを読み込むときに使用します。

    • I/O: チャンネルストリップのI/O設定を読み込むときに使用します。

      注記:ソフトウェア音源チャンネルストリップの場合、I/O設定の読み込みには音源プラグインは含まれません。上記の「プラグイン」の説明を参照してください。

    • オートメーション: トラックのオートメーションデータを読み込むときに使用します。

    • ノート: トラック固有のメモを読み込むときに使用します。

    ヒント:列の表示はカスタマイズできます。Controlキーを押しながら表のヘッダをクリックして、列の表示/非表示を切り替えることができます。また、列のヘッダをドラッグすると、列の順序を変更できます。「Logic Pro」を終了すると、これらの設定は自動的に環境設定に保存され、すべてのプロジェクトに適用されます。

    ヒント:→キーを押すと、選択した行のすべてのチェックボックスを選択できます。←キーを押すと選択が解除されます。

  5. 以下のいずれかの操作を行います:

    図。「ブラウザ」タブの「追加」ボタンと「置き換える」ボタン
    • 選択したデータを現在のプロジェクトに追加するには: 「追加」ボタンをクリックします(またはCommandキーを押しながら↓キーを押します)。

      トラック領域で選択されているトラックの下にトラックが追加されます。

    • 選択中のトラックのデータを別のプロジェクトから選択したデータで置き換えるには: 「置き換える」ボタンをクリックします。

      注記:置き換え機能は、1つの行のデータだけが選択されている場合にのみ有効です。複数の行が選択されていると機能しません。

ほかのプロジェクトから設定を読み込む

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「プロジェクト設定を読み込む」と選択します(または、対応するキーコマンドを使います。デフォルトはOption+Command+Iキーです)。

    • ブラウザの「すべてのファイル」をクリックします。

  2. 設定の読み込み元のプロジェクトを選択して、「読み込む」をクリックします。

    注記:「ブラウザ」パネルから設定にアクセスする場合は、「読み込む」ボタンをクリックした後に表示される「プロジェクト設定を読み込む」ボタンもクリックする必要があります。

  3. 「設定を読み込む」ウインドウで、対応するチェックボックスを選択して、読み込む設定を選択し、「読み込む」をクリックします。

設定は、アクティブなプロジェクトに読み込まれます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?