Logic Pro X: チェイスイベント機能を使う

チェイスイベント機能を使う

プロジェクトの真ん中で再生を開始した場合、一部のイベント(再生を開始した位置よりも前に開始されているMIDIノート、サスティンペダルイベント、ピッチ・ベンド・イベントなど)が聞こえないことがあります。チェイスイベント機能を使用すると、プロジェクトが解析されて、プロジェクトの再生時にこのようなイベントの一部またはすべてが取り込まれます。

チェイスイベントを使用するときに、サンプラー内のドラムループをトリガするために使用するノートで問題が発生する場合があります。MIDIリージョンをサンプル・ループの先頭で正確に開始しない限り、サンプルは間違ったタイミングでトリガされ、(少なくとも次のトリガノートまで)ほかのリージョンと再生が同期しなくなります。この問題は、ほとんどのサンプラーが先頭からしかサンプルを再生できず、途中で開始されたときに拍に同期できないために発生します。

チェイスイベント機能を設定する

  1. 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「MIDI」と選択して(または「MIDIのプロジェクト設定を開く」キーコマンドを使って)、「チェイス」をクリックします。

  2. プロジェクト再生に含めたいすべてのイベントのチェックボックスを選択します。

    図。「MIDI」プロジェクト設定の「チェイス」パネル。

詳しくは、「チェイス」設定を参照してください。

ノートイベントをチェイスするときにサンプラーのドラムループをトリガしないようにする

  1. トラックインスペクタで、ドラムループ音源の「トランスポーズなし」パラメータを選択します。

  2. 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「MIDI」>「チェイス」パネルで、「“トランスポーズなし”の音源のチャンネルストリップ内」オプションの選択を解除します。

これらの設定により、プロジェクトが新しい位置にジャンプしても、次のトリガノートに到達するまでサンプラーのドラムループが再生されなくなります。

「トランスポーズなし」パラメータを選択すると、実際にリージョン再生パラメータによるトランスポーズが起きなくなります(これはドラムサウンドまたはループにも望ましくありません)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?