Logic Pro X: コントロールバーをカスタマイズする

コントロールバーをカスタマイズする

コントロールバーには、よく使われるオプションを提供する、ボタンやその他のコントロールのデフォルトセットが用意されています。コントロールバーの中央にあるLCDでは、再生ヘッドの位置を時間またはビート単位で確認したり、プロジェクトのテンポやキー、拍子を設定したりできます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、以下の方法でコントロールバーをカスタマイズできます:

  • コントロールバー全体の表示/非表示を切り替えることで、メインウインドウの表示領域を最大化できます。

  • コントロールバーの個々のボタンやその他のコントロールの表示/非表示を切り替えることができます。

  • 1つ以上のビートディスプレイまたはタイムディスプレイをフローティングウインドウとして拡大表示できます。

  • SMPTE時間にSMPTE表示オフセットを含めるかどうかを設定できます。

  • 「表示」環境設定で時間の形式、テンポの形式、およびクロックフォーマットをカスタマイズできます。

LCDの表示モードを設定する

LCDには複数の表示モードがあり、ルーラの時間形式に関係なく、時間形式を音楽単位(小節と拍)または絶対時間単位(分と秒)のいずれかで表示できます。「カスタム」表示モードを使うと追加の情報を表示できます。

  • LCDの右端にある三角形をクリックし、ポップアップメニューから次のいずれかを選択します:

    • ビートとプロジェクト: 時間形式を小節と拍で表示し、プロジェクトプロパティ(テンポ、キー、および拍子)を表示します。

    • ビートとタイム: 再生ヘッドの位置を音楽時間と絶対時間の両方の形式で表示します。

    • ビート: 再生ヘッドの位置を音楽時間形式で表示します。

    • タイム: 再生ヘッドの位置を絶対時間形式で表示します。

    • カスタム: 再生ヘッドの位置を音楽時間と絶対時間の両方の形式で表示し、テンポ、キー、プロジェクト終了、左右のロケータ位置、MIDI入力とMIDI出力の状況、CPUおよびHD使用率などの追加情報を表示します。

「カスタム」表示モードは、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ使用できます。その他のモード(「ビートとプロジェクト」、「ビートとタイム」、「ビート」および「タイム」)はすべてのユーザレベルで使用できます。

ビートディスプレイまたはタイムディスプレイを拡大表示する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ビートディスプレイを拡大表示するには: LCDの右端にある三角形をクリックし、ポップアップメニューから「ビートディスプレイを拡大表示」を選択します。

    図。ビートディスプレイの拡大表示。
  • タイムディスプレイを拡大表示するには: LCDの右端にある三角形をクリックし、ポップアップメニューから「タイムディスプレイを拡大表示」を選択します。

    図。タイムディスプレイの拡大表示。

複数のビートディスプレイおよびタイムディスプレイウインドウを拡大表示でき、それぞれのサイズと位置を個別に変更できます。

「SMPTE表示オフセットを使用」設定のオン/オフを切り替える

プロジェクトにSMPTEオフセットを設定できます。曲は必ずしも先頭の小節から始まるとは限らないので、設定したSMPTEタイムで再生される小節は任意に選択できます。

  • LCDの右端にある三角形をクリックし、ポップアップメニューから「SMPTE表示オフセットを使用」を選択します。

    図。「SMPTE表示オフセットを使用」が選択されているLCDメニュー。

時間形式、テンポ形式、クロックフォーマットを変更する

  1. 「Logic Pro」>「環境設定」>「表示」と選択します(または「表示環境設定を開く」キーコマンドを使います)。

    図。「表示」環境設定の「一般」パネルの「表示」セクション。
  2. 「時間の表示形式」ポップアップメニューで以下のいずれかの設定を選択します:

    • SMPTE/EBU(サブフレーム付き): サブフレーム(SMPTEビット0-79)が表示されます。

    • SMPTE/EBU(サブフレームなし): サブフレームは表示されません。

    • SMPTE/EBU(クォーターフレーム付き): クォーターフレームが表示されます。

    • フィートとフレーム(35mmフィルム): フィートとフレーム(35mmフィルム用)で表示されます。

    • フィートとフレーム(16 mmフィルム): フィートとフレーム(16mmフィルム用)で表示されます。

    • 時間: 分: 秒.ミリ秒: フレーム(秒未満)が、SMPTEビット(サブフレームとも言います)ではなくミリ秒で表示されます。この値は、フレームレートに基づいています。25 fpsでは1フレームが40ミリ秒、30 fpsでは約33ミリ秒になります。

    • 時間: 分: 秒.サンプル: フレーム(秒未満)がサンプル値として表示されます。

    • SMPTE/EBU(サンプル付き): フレーム(秒未満)とサンプル値の両方が表示されます。

  3. SMPTE時間表示でゼロ値を数字0ではなく空スペースとして表示したい場合は、「ゼロをスペースに」チェックボックスを選択します。

  4. 「テンポの表示形式」ポップアップメニューで以下のいずれかを選択します:

    • 拍/分(BPM、メルツェル): 1分当たりの拍数。小数点以下第4位まで(個別に調整可能)。

    • BPM(小数点は表示しない): 1分当たりの拍数。小数点以下は表示されません。

    • フレーム/クリック(1/8): 拍当たりのフレーム数が1/8刻みで表示されます。この値の後ろには「fpc」が表示されます。

    • フレーム/クリック(1/10): 拍当たりのフレーム数が小数点以下第4位まで表示されます。この表示はBPM表示と混乱しやすいため、注意してください。

  5. 「クロックフォーマット」ポップアップメニューからクロックフォーマットを選択します。

コントロールバーのコントロールを変更する

  1. Controlキーを押したままコントロールバーをクリックして、メニューから「コントロールバーとディスプレイをカスタマイズ」を選択します。

  2. コントロールを追加または削除するには、ダイアログでチェックボックスを選択します。

    図。「コントロールバーとディスプレイをカスタマイズ」ダイアログ。
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 保存済みレイアウトを残す場合は、「キャンセル」ボタンをクリックします。

    • 新しいコントロールレイアウトをアクティブにする場合は、「OK」ボタンをクリックします。

    • 現在のレイアウトをデフォルトとして保存する場合は、「デフォルトとして保存」ボタンをクリックします。このレイアウトは、空の新規プロジェクトを作成するとき、新しいメインウインドウを開くとき、または「デフォルトに戻す」ボタンをクリックするときに適用されます。

    • 「デフォルトに戻す」ボタンをクリックすると、デフォルトレイアウトに戻ります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?