Logic Pro X: 再生ヘッドの位置を設定する

再生ヘッドの位置を設定する

再生ヘッドは、トラック領域やその他の時間ベースウインドウ(オーディオ・トラック・エディタ、ピアノ・ロール・エディタ、スコアエディタなど)で現在の再生位置を表示する縦線です。

Touch Barを備えたデバイスの場合は、Touch Barを使って再生ヘッドの位置を設定できます。

ルーラ内で再生ヘッドを設定する

  • ルーラの下半分内の位置をクリックします。

トラック領域で再生ヘッド位置を設定する

  • Shiftキーを押したまま、新しい位置でトラック領域の空の部分をクリックします。

LCDで再生ヘッド位置を設定する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 位置ディスプレイ内の数字をクリックしたまま上下にドラッグします。

  • 表示フィールドのいずれかをダブルクリックして、新しい位置を入力します。

    図。選択されたLCD内の位置ディスプレイ、新しい位置を入力できる状態。

LCD内の再生ヘッド位置は、選択する表示モードに応じて、「ビート」または「タイム」形式、あるいはその両方で表示できます。「ビート」の場合は小節、拍、ディビジョン、ティック単位で表示され、「タイム」の場合は時、分、秒、秒未満で表示されます。

位置ディスプレイでは、個々のディビジョンをドラッグして編集したり、ダブルクリックして入力することで位置を全体として編集したりできます。

再生ヘッドをマーカーの先頭に設定する

  • Optionキーを押したままマーカーのどこかをクリックします。

Touch Barを使って再生ヘッド位置を設定する

  1. Touch Barの左端にある「モード」ボタンをタップしてから、トラック領域ボタン をタップします。

  2. 再生ヘッドを設定する位置でTouch Barをタップします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?