Logic Pro X: Apple Loopsを使ってみる

Apple Loopsを使ってみる

Apple Loopsは、あらかじめ録音された音楽パターンです。Apple Loopsを使えば、ドラムビート、リズムパート、その他のフレーズをプロジェクトにすばやく追加できます。Apple Loopsは、途切れなく繰り返すことのできる音楽パターンを含んでいます。トラック領域に追加したループは、必要な長さだけ延長して使用できます。プロジェクトに追加したApple Loopは、プロジェクトのテンポとキーに自動的に合わせられます。

ループブラウザでは、さまざまな音源、ジャンル、ムードでApple Loopsを使うことができます。

図。ループブラウザ。各種のキーワードボタンと、条件に一致したループが結果リストに表示されている。

Apple Loopsには3種類あります。

  • オーディオApple Loops: オーディオトラックにオーディオループを追加して、ほかのオーディオリージョンと同じように編集できます。

  • ソフトウェア音源Apple Loops: ソフトウェア音源トラックにソフトウェア音源ループを追加して、ほかのMIDIリージョンと同じように編集できます。

  • Drummer Apple Loops: DrummerトラックにDrummerループを追加して、Drummerエディタでアーティストを変更したりパラメータを編集したりできます。Drummerループをソフトウェア音源トラックに追加してソフトウェア音源ループに変換したり、オーディオトラックに追加してオーディオループに変換することもできます。

ループブラウザを開く

  • コントロールバーのループ・ブラウザ・ボタン をクリックします(またはOキーを押します)。

ループをブラウズする

  • 「ボタン表示」ボタンをクリックしてから、各種のキーワードボタンをクリックします。そのキーワードに一致するループが結果リストに表示されます。一致するループがないキーワードは淡色表示されます。

    図。各種キーワードボタンと「ボタン表示」ボタンが表示されたループブラウザ。

ループをプレビューする

  • 結果リストでループをクリックします。

    図。結果リストでループが選択されているループブラウザ。

    プレビューの音量を調整したり、ループに別のキーを選択したりすることができます。

    プレビュー再生を停止するには、もう一度ループをクリックします。

トラック領域にループを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 同じタイプのトラックにループをドラッグし、トラックにループを追加します。

  • トラック領域の空の部分にループをドラッグし、ループのトラックを新規作成します。

    図。ループブラウザからトラック領域にループをドラッグする。ヘルプタグにループの位置が表示されます。

トラック領域に追加したループは、左右にドラッグして再生の開始位置を調整できます。

ループを名前、キー、または拍子で検索することもできます。プロジェクトでのApple Loopsの使いかたについて詳しくは、Apple Loopsとはを参照してください。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?