Logic Pro X: Smart Controlを使ってみる

Smart Controlを使ってみる

Smart Controlを使用すると、チャンネルストリップの設定を編集したり、個々のプラグインウインドウを開いたりしなくても、トラックのサウンドをすばやく調整できます。

各Smart Controlには、調整してパッチのサウンドを制御できるスクリーンコントロールのセットが含まれています。Smart Controlには通常、EQまたはトーンコントロール、リバーブやその他のエフェクトコントロール、および現在のトラックまたは音源のタイプに固有のコントロールが含まれます。たとえば、シンセサイザー用のSmart Controlには、波形選択や、レゾナンスとフィルタカットオフ調整のためのスクリーンコントロールが含まれることもあります。また、弦楽器用のSmart Controlには、アーティキュレーション変更用のコントロールが含まれることがあります。

図。パッチのスクリーンコントロールが表示されている「Smart Control」パネル。

Smart Controlパネルを開くと、選択したトラックのスクリーンコントロールが表示されます。各スクリーンコントロールには、機能を分かりやすくするためのラベルが表示されます。

「Smart Control」パネルを開く

  • トラックを選択してから、コントロールバーの「Smart Control」ボタン をクリックします。

スクリーンコントロールを操作する

  • ノブを回したり、スイッチをクリックしたり、その他のスクリーンコントロールを動かしたりして、パッチのサウンドの変化を確認してみましょう。

    各スクリーンコントロールには、サウンドのどのような側面を制御するかを示すラベルが付いています。

また、Smart Controlのレイアウトを変更したり、独自のSmart Controlを保存したり、チャンネルストリップやプラグインのパラメータにスクリーンコントロールをマップしたり、スクリーンコントロールにMIDIデバイスのコントローラを割り当てたりすることもできます。Smart Controlの使いかたについて詳しくは、Smart Controlの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?