Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタを使ってみる

ピアノ・ロール・エディタを使ってみる

ピアノ・ロール・エディタには、ソフトウェア音源トラックのMIDIリージョンのノートが色付きの横棒として時間軸上に表示されます。グリッドでは、横方向にノートの再生開始位置、縦方向にノートのピッチが表されています。ピアノ・ロール・エディタの左端に表示されているキーボードの鍵盤を見れば、ノートのピッチがすぐに分かります。

図。MIDIリージョンがノートイベントと共に表示されたピアノ・ロール・エディタ。

左側には、MIDIノートのタイミングとピッチのクオンタイズや、MIDIノートのベロシティの編集に使用するコントロールが表示されます。ピアノ・ロール・エディタの上部にあるルーラには、LCDで選択した時間形式に基づくディビジョンが表示されます。ヘッダには、ピッチ、リージョン内のポインタの位置、選択したリージョンの名前やリージョンの数(複数のリージョンが選択されている場合)が表示されます。

ピアノ・ロール・エディタを開く

  • ソフトウェア音源(または外部MIDI音源)トラックを選択し、「エディタ」ボタン をクリックします。

ノートを追加する

  • ツールメニューから鉛筆ツールを選択し、ピアノ・ロール・エディタの背景領域を目的の位置でクリックします。

    図。鉛筆ツールが選択された、ピアノ・ロール・エディタのツールメニュー。

注記:ノートを追加したときに、マウスボタンを押したままノートを左右にドラッグすると、ノートの長さを変更できます。

ノートのグループを選択する

  • キーボードの鍵盤で、選択するノートのキーの範囲をドラッグします。

ノートを移動する

  • ノートを1つまたは複数選択し、左右にドラッグします。

ノートをコピーする

  • Optionキーを押したままノートを新しい位置にドラッグします。

    図。ピアノ・ロール・エディタでOptionキーを押しながらノートをコピーする。ヘルプタグにノートの位置とピッチが表示されます。

ノートのサイズを変更する

  • ノートの左右いずれかの隅にポインタを合わせ、ポインタが長さ変更アイコンに変わったらドラッグします。

    図。ピアノ・ロール・エディタでMIDIノートの右下隅をドラッグする。ヘルプタグにノートの長さが表示されます。

    ドラッグしている間、ノートの正確な終了位置と長さがヘルプタグに表示されます。

ヒント:ノートが短すぎて、隅をつかみにくい場合があります。フィンガーツールならば、どのようなノートでもつかむことができ、長さを変更したり拡大表示したりできます。

ノートのピッチを変更する

  • 目的のピッチの位置まで上下にノートをドラッグします。

ノートのベロシティを編集する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ノートを1つまたは複数選択し、「ベロシティ」スライダを左右にドラッグします。

  • ベロシティツールでノートのベロシティをドラッグします。

    図。ピアノ・ロール・エディタでベロシティツールを使ってMIDIノートのベロシティを編集する。ヘルプタグにベロシティの値が表示されます。

ノートをクリックすると、ヘルプタグにベロシティ値が表示され、ドラッグするとそれに合わせて値が変化します。また、ノートイベントの色と、イベント内の横線の長さも変化します。

ピアノ・ロール・エディタでの作業の詳細については、ピアノ・ロール・エディタの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?