Logic Pro X: キーボードショートカットの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
キーボードショートカットの概要

ワークフロー効率を向上させるために、ほとんどすべての「Logic Pro」機能はキーボードショートカットで実行できます。

「キーコマンド」ウインドウを使って、キーコマンドセットをブラウズしたり、コピーしたり、読み込んだり、保存したり、よく使う Logic Pro機能をコンピュータ・キーボード・キーに割り当てたりできます。キーボードショートカットにしかない機能もいくつかあります。これらの一部は、デフォルト・キーボード・ショートカット割り当てがない場合があります。そのような場合は、その機能を使用するために適切なキーボードショートカットを作成する必要があります。「環境設定」>「表示」>「一般」でヘルプタグを有効にしている場合は、ヘルプタグにコマンドが表示される際に、対応するキーボードショートカットも表示されます(キーボードショートカットが割り当てられている場合)。

キーボードショートカットには、1つの英数字キーだけのものと、1つの英数字キーと1つまたは複数の修飾キーを組み合わせたものがあります。「キーコマンド」ウインドウでは修飾キーが記号で表されます。よく知らない修飾記号がある場合は、「macOSヘルプ」に掲載されている、すべての記号についての説明を参照してください。

「Logic Proヘルプ」には、コンピュータのデフォルトのキーボード割り当てによるキーボードショートカットの表が掲載されています。ただし、「キーコマンド」ウインドウにはすべてのキーボードショートカットを表示できます。これにはコンピュータのキーボードのキーに割り当てられていないキーボードショートカットも含まれます。また、割り当てられていないキーボードショートカットを含め、キーボードショートカットをコピーしたりプリントしたりすることもできます。

注記: macOSの環境設定で「システム環境設定」>「キーボード」>「ショートカット」で「フルキーボードアクセス」の「すべてのコントロール」を選択している場合には、「Logic Pro X」にキーボードコントロールが追加されます。「すべてのコントロール」が有効なときは、ダイアログやウインドウ内でTabキーを使って画面上のラジオボタン、チェックボックス、テキストフィールド間を移動できます。

「キーコマンド」ウインドウには、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみアクセスできます。

図。「キーコマンド」ウインドウ。

「キーコマンド」ウインドウを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「Logic Pro」>「キーコマンド」>「編集」と選択します(またはOption+Kキーを押します)。

  • Controlキーを押したままメニューコマンドを選択します。

    対応するコマンドが選択された状態で「キーコマンド」ウインドウが開きます。

すべてのキーボードショートカット割り当てをリセットする

リセットすると既存のキーボードショートカット割り当てが失われるため、キーコマンドファイルのコピーを作成してからリセットしてください。

  • 「キーコマンド」ウインドウでアクション・ポップアップ・メニューをクリックして、「すべてのキーコマンドを初期化」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?