Logic Pro X: 「素材」設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「素材」設定

「素材」設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

これらの設定では、どのようなフォルダ構造でプロジェクトを保存するかに応じて、素材の種類別に、素材をプロジェクトパッケージにコピーするか、プロジェクトフォルダ内のサブフォルダにコピーするかを選択できます。プロジェクトに関するファイルはすべてプロジェクトファイルと一緒に保存しておくのが理想的ではありますが、場合によってはそうではないこともあるでしょう。

次の素材をプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダにコピーすることを選択できます:

図。「素材」設定。
  • 「オーディオファイルをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているすべてのオーディオファイルがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「読み込むときにオーディオファイルのサンプルレートを変換」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに読み込まれたオーディオファイルが必要に応じてプロジェクトのサンプルレートに自動変換されます。

  • 「EXSインストゥルメントとサンプルをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているEXSインストゥルメントおよびサンプルがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「Alchemyオーディオデータをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているAlchemyオーディオデータがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「Ultrabeatサンプルをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているUltrabeatサンプルがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「Space Designerインパルスレスポンスをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているSpace Designerインパルスレスポンスがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「ムービーファイルをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているムービーファイルがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「Appleサウンド・ライブラリ・コンテンツをプロジェクトにコピー」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトに使用されているAppleサウンド・ライブラリ・コンテンツがプロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダの一部として保存されます。

  • 「プロジェクトをGobblerにバックアップ」チェックボックス: 選択すると、プロジェクトパッケージまたはプロジェクトフォルダのバックアップがGobblerアカウントにアップロードされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?