Logic Pro X: 「カラー」設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「カラー」設定

「スコア」の「カラー設定」は、「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合にのみ表示されます。

これらの設定では、ピッチ、ベロシティ、および音符カラーのオプションを定義します。

図。「スコア」の「カラー」設定。

「ピッチカラー」設定

  • 「ピッチカラー」の「タイプ」ボタン: オクターブ内の各音にカラーを割り当てます。ピアノの鍵盤のように配列されています。ピッチカラーには2つのオプションがあります:

    • ダイアトニック: 7個の異なる色を使用できます。

    • クロマチック: 12個の異なる色を使用できます。

  • 「ピッチカラー」ボタン: 標準の「カラー」ウインドウを開いて特定の色を変更するときは、その色をクリックします。

「ベロシティカラー」設定

  • 「ベロシティカラー」ボタン: ノートイベントのMIDIベロシティの値に合わせて、最小(左)から最大(右)まで8種類のカラーを選択できます。標準の「カラー」ウインドウを開いて特定の色を変更するときは、その色をクリックします。

「音符のカラーオプション」設定

  • 「臨時記号」チェックボックス: (それぞれの音符の関連付けに従って)臨時記号をカラーで表示するか、黒で表示するかを指定します。

  • 「付点」チェックボックス: (それぞれの音符の関連付けに従って)付点をカラーで表示するか、黒で表示するかを指定します。

  • 「タイ」チェックボックス: (それぞれの音符の関連付けに従って)タイをカラーで表示するか、黒で表示するかを指定します。

  • 「休符」チェックボックス: (それぞれの音符の関連付けに従って)休符をカラーで表示するか、黒で表示するかを指定します。休符の色は、主に多声部の譜表スタイルで使われるユーザ休符にのみ適用されます。

「ユーザパレット」設定

  • 「ユーザパレット」の「カラー」ボタン: これらの色を自由に編集して名前を付けることができます。標準の「カラー」ウインドウを開いて特定の色を変更するときは、その色をクリックします。名前を編集するときは、テキストボックスをダブルクリックします。ここで指定したカラーは、ほかのカラー選択メニュー(譜表スタイル、音符属性など)のメニュー項目にもなります。

その他の設定

  • 「出荷時のデフォルト」ボタン: 「カラー」パネルで行った変更をすべてリセットするときにクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?