Logic Pro X: 「コードとグリッド」設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「コードとグリッド」設定

「コードとグリッド」設定は、「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合にのみ表示されます。

これらの設定では、コードとグリッドのフォント、位置、およびスケールなどの設定を定義します。

図。「コードとグリッド」設定。

「コード」設定

  • 「ルートフォント」フィールド: コードシンボルのルートノートのフォントを定義します。

  • 「拡張フォント」フィールド: コード記号のエクステンションのフォントを定義します。

  • 「譜表サイズに従う」チェックボックス: 譜表サイズに従ってコード記号を表示します。

  • 「スラッシュノートの位置」ポップアップメニュー: スラッシュノートの位置を定義します。

  • 「臨時記号スケール」フィールド: フォントサイズの設定を基準に、臨時記号の大きさを設定します。正の値を設定すると臨時記号のサイズが大きくなり、負の値を設定すると小さくなります。

  • 「言語」ポップアップメニュー: 臨時記号やその他のコード記号に使用する言語を選択します。

  • 「配列」ポップアップメニュー: 「配置」パラメータのデフォルト設定と共に、小節内の位置を基準に、コードシンボルのスコア全般の水平位置を設定します。

「グリッド」設定

  • 「フォント」フィールド: 一般的なグリッドフォントを設定します。

  • 「グリッド拡大縮小」の「縮小」フィールド: スコアエディタに最初のコードグリッドを追加するときのサイズを設定します。

  • 「グリッド拡大縮小」の「標準」フィールド: スコアエディタに2つ目のコードグリッドを追加するときのサイズを設定します。

  • 「グリッド拡大縮小」の「拡大」フィールド: スコアエディタに3つ目のコードグリッドを追加するときのサイズを設定します。

  • 「コード拡大縮小」の「縮小」フィールド: スコアエディタの最初のコードグリッド上にコードを追加するときのサイズを設定します。

  • 「コード拡大縮小」の「標準」フィールド: スコアエディタの2つ目のコードグリッド上にコードを追加するときのサイズを設定します。

  • 「コード拡大縮小」の「拡大」フィールド: スコアエディタの3つ目のコードグリッド上にコードを追加するときのサイズを設定します。

  • 「フィンガリングを表示」チェックボックス: スコアエディタのコード・グリッド・シンボルにフィンガリング番号を表示するときに選択します。

  • 「フレットの最小数」フィールド: コードグリッド上のフレットの数(4、5、または6)を定義します。

  • 「バレー」ボタン: コードグリッド上のバレースタイル(タイまたはブロック)を定義します。

  • 「親指」ボタン: コードグリッド上の親指フィンガリングマークの表現を定義します。「5」または「T」で表現できます。

  • 「左利き」チェックボックス: 左利きの人のためにコードグリッドの向きを変更します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?