Logic Pro X: Hermode Tuning

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Hermode Tuning

Hermode Tuningは、電子鍵盤楽器(または「Logic Pro」のソフトウェア音源)のチューニングを演奏中に自動的に制御します。鍵盤楽器であらゆる和音と音符の進行におけるすべての5度と3度の間隔を正常に作成するには、オクターブごとに12個のキーだけでは足りません。Hermode Tuningは、この問題を解決するためのものです。キーと音符の間のピッチの関係を維持しつつ、電子楽器の個々の音符を修正することで、調整の純正性を高いレベルで確保できます。この処理では、1つの音符に対して最大50種類に細分化された周波数を生成しますが、12音階による固定チューニングシステムとの互換性も維持しています。

周波数の修正は、和音構造の分析を基に行われます。各和音内の個々の音符の位置が分析され、各音符と調律された音階との距離の合計が「0」になるように調整されます。緊急の場合は、純正さを多少犠牲にしても、別の補正機能を用いて微調整の段階を最小限に抑えることもあります。以下に例を挙げましょう:

  • C、E、Gの3つの音を組み合わせると、Cメジャーになります。

  • 和声として正しい響きにするには、3度(E)は14セント低く(セントは調律された半音の1/100)、そして5度(G)は2セント高くする必要があります。

Hermode Tuningは、静的ではなく、動的なものであるということを頭に入れておく必要があります。つまり、音楽の脈絡に応じて常に調整が行われるわけです。このような仕組みになっている理由は次の通りです: 純正または通常のチューニングに変更できるということは、3度と5度の間隔もより理想的な周波数比率に調整できるわけです。5度を3:2の比率に、長3度を5:4にすれば、メジャーのトライアドもより強い響きになります。クリーン(スケール)チューニングの場合、Hermode Tuningは周波数の値を部分的に上下させます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?