Logic Pro X: チューニングの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
チューニングの概要

「チューニング」設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

西欧音楽で使われている12音階は、数世紀の時を経て発展を遂げたものです。周波数は連続的に変化するので、これらの12音階の間にもいくつもの微分音が存在します。

音階を簡単に説明するために、倍音の仕組みを見てみましょう:  開始(または基準)周波数が100 Hzの(1秒間に100回振動する)音があるとします。この音の第1の倍音は2倍、つまり200 Hzになります。さらに、第2倍音は300 Hz、第3倍音は400 Hzと続いていきます。音楽的には、周波数が倍になると、(12音階では)ピッチが1オクターブ上がることになります。第2倍音(300 Hz)は基準音(100 Hz)よりピッチが1オクターブと純正5度高い音になります。

このため、楽器をチューニングする際は、各5度が純正であればいいように思えるかもしれません。この方法であれば、Cからオクターブ上と下のCに向かって完全なスケールが成立するように見えます。

次の表は、さまざまな計算をまとめたものです。

音程

周波数(Hz)

備考

C

100

× 1.5/2

C#

106.7871

オクターブ内に収めるために2で割る

D

112.5

オクターブ内に収めるために2で割る

D#

120.1355

オクターブ内に収めるために2で割る

E

126.5625

オクターブ内に収めるために2で割る

F (E#)

135.1524

F#

142.3828

オクターブ内に収めるために2で割る

G

150

× 1.5/2

G#

160.1807

A

168.75

A#

180.2032

B

189.8438

C

202.7287

表を見ると分かるように、物理的法則に従った予測では、100 HzのCの1オクターブ上は200 HzのCになるはずですが、実際には純正5度を積み重ねた結果のCは202.7287 Hzになっています。決して計算が間違っているわけではありません。実際に楽器を使っていたら、違いはもっと明確に聞こえるはずです。対策として、次のオプションから選択してください:

  • それぞれの5度を完全に維持し、オクターブの音程がずれるのは容認します。

  • 最後の5度(FからC)の音程をずらし、各オクターブの音程がそろうようにします。

オクターブにおける音程のずれは不協和音として聞こえるので、どちらを選択したらいいかは明らかです。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?