Logic Pro X: 「同期」の「Unitor」設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「同期」の「Unitor」設定

「同期」の「Unitor」設定は、「詳細」環境設定で「詳細編集」が選択されている場合にのみ表示されます。

これらの設定を使用して、Unitor8 MIDIインターフェイス用の主要同期パラメータを編集できます。

図。「同期」の「Unitor」設定。
  • 「SMPTEモード」ボタン: Unitor8でSMPTEデータをリードまたはライトするように指示することができます。

    • Read: SMPTEデータを読み取る場合に選択します。

    • 生成: SMPTEデータを書き込む場合に選択します。

  • 「SMPTEモード」の「更新」チェックボックス: 更新モードが有効になり、受信したタイムコードと同期する新しいタイムコードが生成されます。更新モードは、VITCとLTCのどちらでも動作します(下記参照)。LTCトラックをコピーする場合は、更新モードを使用してください。LTCを直接コピーすると、必ず品質が低下します。マルチトラックのテープ全体をコピーする場合は、すべてのトラックを直接パッチするべきですが、タイムコードトラックの更新はUnitor8から行いましょう。

    注記:更新モードは、タイムコードをコピーする場合にのみ使用します。

  • 「SMPTEタイプ」ボタン: 使用するSMPTEの形式を定義します。

    • LTC: LTC(Longtudinal Time CodeまたはLinear Time Code)がテープトラックに書き込まれます。

    • VITC: VITC(Vertical IntervalまたはVertically Integrated Time Code)がビデオテープの見えない部分に書き込まれます。

    • オフ: タイムコードは書き込まれません。

  • 「フリーホイール」スライダ: 読み取るタイムコードがなくなっても、どれぐらいの時間同期デバイスからシーケンサーにMTCを送り続けるのかを指定します。フリーホイールパラメータはSMPTEリーダーに影響します。LTCとVITC用のフリーホイール時間(フレーム数単位)を設定することもできます。

    フリーホイール時間を長くすると、タイムコードが欠落しても同期を維持できますが、タイムコードマスターが停止した後に「Logic Pro」がそれを認識するまでの時間も相応に長くなります。必要最大限の長さ(操作の持続目的)で可能な限り小さな値(待ち時間を少なくするため)に設定するようにしましょう。

  • 「TVフォーマット」ポップアップメニュー: タイムコードを書き込むテレビフォーマットを指定します。

    • PAL: ヨーロッパ、南米、多くのアジア、アフリカ諸国、それにオセアニア地方で使用されているビデオフォーマットです。SECAMフォーマット(フランスおよびフランス語圏諸国で使用されている)のビデオを扱う場合は、このPALを選択してください。

    • NTSC: 米国、中米、日本、カナダで使用されているビデオフォーマットです。

  • 「VITCライン1」および「VITCライン2」ポップアップメニュー: VITCはビデオ画像の中の2本の走査線に書き込まれ、通常それらは不可視になっています。2本の走査線は隣接させず、通常は12-20行目の間にあります。

    「スキャン」オプションを選択した場合、VITCを含む走査線が自動的に認識されます。手動で走査線の番号を指定するのは、「スキャン」モードで問題が発生した場合のみにします。

  • 「タイムコードディスプレイを表示」の「サイズ」ポップアップメニュー: ビデオ画像に書き込まれるタイムコード・カウンタ・ウインドウのサイズを設定します。

  • 「タイムコードディスプレイを表示」の「スタイル」ポップアップメニュー: ビデオ画像に書き込まれるタイムコード・カウンタ・ウインドウのスタイルを設定します。

  • 「横位置」および「縦位置」スライダ: ビデオ画像に書き込まれるタイムコード・カウンタ・ウインドウの位置を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?